「竹中亨」の版間の差分

編集の要約なし
 
{{Otheruses|歴史学者の竹中亨|化学者の竹中亨|竹中亨 (化学者)}}
'''竹中 亨'''(たけなか とおる、[[1955年]] - )は、日本の[[歴史学者]]、[[ドイツ]]を中心とした西洋近代史、日独関係史などが専門。[[大阪大学]]名誉教授。[[独立行政法人]][[大学改革支援・学位授与機構]]教授。
 
== 人物・経歴 ==
*1994年 大阪大学文学部助教授、「[[ヴェルナー・フォン・ジーメンス|ジーメンス]]と明治日本」で京都大学[[博士(文学)]]。
*2000年 大阪大学大学院文学研究科教授。
*2017年 大学改革支援・学位授与機構教授、大阪大学名誉教授。
 
==著書==
*『近代ドイツにおける復古と改革 第二帝政期の農民運動と反近代主義』(晃洋書房、1996年) ISBN 4771008973
* Siemens in Japan: Von der Landesöffnung bis zum Ersten Weltkrieg, transl. by Wieland Wagner (Zeitschrift für Unternehmensgeschichte, Beiheft 91), Stuttgart (F. Steiner Verlag) 1996.ISBN 3515064621
*『帰依する世紀末 ドイツ近代の原理主義者群像』(ミネルヴァ書房、2004年)ISBN 4623039536
*『明治のワーグナー・ブーム 近代日本の音楽移転』(中央公論新社、2016年)ISBN 4120048411
*『ヴィルヘルム2世 ドイツ帝国と命運を共にした「国民皇帝」』(中央公論新社[中公新書]、2018年))ISBN 4121024907
=== 共著 ===
*[[尚樹啓太郎]]編『西洋史30講』(東海大学出版会、1984年)ISBN 4486008111
* (深堀聰子)『欧州教育制度のチューニング [[ボローニャ・プロセス]]への大学の貢献』フリア・ゴンサレス、ローベルト・ワーヘナール編著(明石書店、2012年)ISBN 978-4750335445
*監訳『ドイツ社会保障の危機――再統一の代償』ゲルハルト・A・リッター著(ミネルヴァ書房、2013年)ISBN 978-4623064342
 
== 外部リンク ==
* [http://www.let.osaka-u.ac.jp/seiyousi/takenaka.html 大阪大学文学部西洋史学研究室]
 
{{Normdaten}}
556

回編集