メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
}}
 
'''森崎 博之'''(もりさき ひろゆき、[[1971年]][[11月14日]] - )は、[[日本]]の[[俳優]]、[[脚本家]]、[[演出家]]、北海道を中心に活動する[[ローカルタレント]]。[[CREATIVE OFFICE CUE]](業務提携先は[[アミューズ]])所属。演劇ユニット[[TEAM NACS]]のリーダー。[[北海道]][[東川町]]出身。血液型はO型。既婚
 
== 経歴 ==
[[北海道旭川札幌西高等学校]][[理数科]]を[[1990年]]に卒業(高校の後輩に[[音尾琢真]]がいる)。指定校推薦で[[北海学園大学]][[法学部]]法律学科に入学。在学中に演劇研究会に所属し[[安田顕]]、[[戸次重幸]]らと出会う。学生時代から演劇研究会活動の傍ら[[OOPARTS (劇団)|OOPARTS]]や劇団イナダ組など、他劇団への出演も精力的にこなす。卒業公演として演劇ユニットTEAM NACSを結成し、1度の公演で解散。大学卒業後は演劇から離れ、就職(証券会社)のため上京。しかし、[[札幌市|札幌]]でかつての演劇仲間と会ったことから[[ホームシック]]に陥り、祖父の死を機に北海道に戻りTEAM NACSを再結成。NACSの主宰として脚本・演出・役者をこなし、劇団の精神的支柱を担う。
 
[[1999年]]、フリーの活動を経て、NACSの[[大泉洋]]、安田顕が所属する[[CREATIVE OFFICE CUE]]に加入<ref>{{Cite book |和書 |author=[[CREATIVE OFFICE CUE]] |year=2012 |title=CUEのキセキ クリエイティブオフィスキューの20年 |page=62-63 |publisher=[[メディアファクトリー]] |location= |isbn=978-4840148627 |quote= }}</ref>。所属後は『[[いばらのもり]]』『[[ドラバラ鈴井の巣]]』(北海道テレビ)をはじめとした北海道ローカル番組に出演。NACSの東京進出後は、他のメンバーと同様に全国区のテレビドラマにも出演していたが、2008年4月から『[[森崎博之のあぐり王国北海道]]』(現・あぐり王国北海道NEXT、[[北海道放送]])の放送が開始されたのを機に、北海道に残って活動を続ける事となった。また同番組への出演を機に、農業や食育に関する講演も行っている<ref>{{cite news|url=http://www.oricon.co.jp/special/48061/|title=TEAM NACS秘密兵器・森崎博之はなぜ全国区にならないのか?|newspaper=ORICON NEWS|date=2016-06-25|accessdate=2017-06-27}}</ref>。
匿名利用者