「証拠方法」の版間の差分

m
編集の要約なし
 
m
{{Law}}
'''証拠方法'''(しょうこほうほう)とは、[[民事訴訟]]及び[[刑事訴訟]]において、[[裁判官]]がその五官によって取り調べることができる有形物をいう。
 
==民事訴訟==
民事訴訟における証拠方法には、人的証拠('''人証''')と物的証拠('''物証''')がある。人証には、[[証人]]、[[鑑定人]]、[[当事者]]本人があり、物証には、[[文書]]、検証物がある。
 
その種類別に[[証拠調べ]]の手続が定められ、証人については[[証人尋問]]、鑑定人については[[鑑定]]、当事者本人については[[当事者尋問]]、文書については[[書証]]、検証物については[[検証]]が行われる。
 
証拠方法として用いることのできる資格を[[証拠能力]]というが、民事訴訟においては、原則として証拠能力の制限はない。
刑事訴訟における証拠方法には、人証、証拠物、証拠書類がある。人証には、証人、鑑定人がある。
 
その種類別に証拠調べの手続が定められ、証人については証人尋問、鑑定人については鑑定人尋問、証拠物については[[展示]]([[刑事訴訟法]]306条)、証拠書類については[[朗読]](同法305条)又は要旨の[[告知]](刑事訴訟規則203条の2)によって取り調べられる。
 
刑事訴訟においては、証拠能力が認められるには、関連性があること、伝聞法則・自白法則に違反しないこと、違法収集証拠でないことなど、制限がある。
*[[証拠調べ]]
 
[[Category:刑事訴訟法|しようこほうほう]][[Category:民事訴訟法|しようこほうほう]]
[[Category:民事訴訟法|しようこほうほう]]