「挽肉」の版間の差分

編集の要約なし
[[ファイル:Minced meat.jpg|サムネイル|挽肉]]
'''挽肉'''(ひきにく)とは、[[食肉]]を細かく切った、またはすり潰したものである[[食材]]。ミンチ(もしくはミンチ肉)ともいうが、メンチに関しては「[[#歴史]]」を参照。
 
商品価値の低い[[屑肉]](くずにく)が材料となることがある。また、成型[[ステーキ]]などの[[成型肉]]材料とされることがある<ref>[[共同通信]] 2009/09/05 19:06 記事[[ペッパーランチ]]「ステーキの供給元は大垣食肉供給センター協同組合で、輸入した肉をミンチした上で成形加工」</ref>{{信頼性要検証|date=2017-09-16}}<!-- ウェブニュースを出典に用いる場合には、アドレスが必要です。 -->。
 
== 歴史 ==
挽肉を利用した料理の歴史としては、[[ドイツ]]・[[ハンブルグ]]の地名にちなむ[[ハンバーグ]]の原型は、欧州に侵攻した[[モンゴル帝国]]([[タタール]])から採り入れた[[タルタルステーキ]]であったとされている<ref name="nhha">[http://nhha.lin.gr.jp/hh/history/hamberg.html ハンバーグの歴史] - 一般社団法人 日本ハンバーグ・ハンバーガー協会</ref>。固く食べにくい[[馬肉]]を食べやすくするために工夫したもので、欧州でも労働者などに廉価な屑肉などを口あたりのよい料理に仕立てられる手段として普及した。
 
日本では、[[東京]]の[[洋食]]店が「ミンスミート[[カツレツ]]」として売り出したと記録されている{{要出典|date=2017-09-16}}。のちにこれは「[[メンチカツ]]」と呼ばれるようになった。メンチカツやメンチコロッケは単に「メンチ」とも呼ばれる。ただし、ひき肉を使用した[[コロッケ]]であっても「メンチ」とは呼ばないこともあるが、その境界線は定かではない<ref>[http://portal.nifty.com/kiji/120320154400_1.htm コロッケとメンチの境界を探る]</ref>。
133

回編集