「ゴンドワナ大陸」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 Refタグつき記述の除去
(2001:268:C073:8745:E897:6252:5C36:F6AA (会話) による ID:69635682 の版を取り消し)
タグ: 取り消し
[[File:Laurasia-Gondwana.svg|right|250px|thumb|2億年前(三畳紀)の世界図 : ゴンドワナ大陸は南半球を中心に広がっていた。北方は[[ローラシア大陸]]]]
'''ゴンドワナ大陸''' (ゴンドワナたいりく、Gondwana)は、[[プレートテクトニクス]]において、過去に存在したと考えられている[[超大陸]]。名前の由来はインド中央北部の地域名で、[[サンスクリット語]]で「[[ゴンド族]]の森」を意味する。現在の[[アフリカ大陸]]、[[南アメリカ大陸]]、[[インド亜大陸]]、[[南極大陸]]、[[オーストラリア大陸]]や、[[アラビア半島]]、[[マダガスカル島]]を含んだ、巨大な大陸であった。
 
ゴンドワナ大陸は、今から約2億年ほど前から分裂を始め、中生代白亜紀末(6500万年前)にはアフリカから南米、南極、インド、オーストラリアの各プレートが離れたとされている<ref>足立 守、「[http://doi.org/10.11619/africa1964.1974.14 ケニア東部 Mombasa 付近の中生層、ゴンドワナ大陸復元によせて]」、『アフリカ研究』Vol. 1974 (1974) No. 14 P 14-20</ref>。
 
== 歴史 ==
=== ゴンドワナ大陸の誕生 ===