「シティ・ポップ」の版間の差分

フルムーンに出典
編集の要約なし
(フルムーンに出典)
{{出典の明記|date=2013年5月}}
'''シティ・ポップ''' (City pop) は、[[日本]]の[[ポピュラー音楽]]の[[ジャンル]]のひとつ。正式な音楽用語ではないが、主に1970年代後半から[[1980年代]]に流行した、都会的なイメージを前面に出したポップスを指す。60年代、70年代を通過したアダルト層へのアピールを意識したイージー・リスニング的、ミドル・オブ・ザ・ロード(中道的)でソフトな[[ロック_(音楽)|ロック]]、ポップスなどの総称である。なお、「シティポップ」というジャンル分け的な俗用の音楽用語は年創られており、70年、80年のリアルタイムでは「[AOR]アダルト オリエント ロック] 日本のみの用語」や、R&B、POPs、和物SOULなどと呼ばれていた。元々日本国内でのみ制作され消費されるジャンルであったが、[[2010年]]以降、約30年の時を経て、ネット音楽のサブジャンルである[[ヴェイパーウェイヴ]]や[[フューチャーファンク]]で[[サンプリング]]ネタとして取り上げられ始め、[[YouTube]]で元ネタの音源の発掘が進むと共に、[[2016年]]頃には海外の一部高く評価さも知られるジャンルとなった。
 
== 概要 ==
シティ・ポップは、アダルト・コンテンポラリーの日本版<ref>http://rateyourmusic.com/genre/City+Pop/</ref>とも解釈すること可能である。[[1970年代]]に日本で定着した[[シンガーソングライター]]やバンドのミュージシャンのうち、フォーク寄りではなくポップ寄りのミュージシャンがこれにあたる。長門芳郎が好む[[はっぴいえんど]]、[[大滝詠一]]の[[ナイアガラ・レーベル]][[ティン・パン・アレー]]系などが典型であり、彼らは1970年代末から1980年代初頭にかけてアルバムを発売した。洋楽ではオハイオ・ノックス、ザ・フィフス・アベニュー・バンド<ref>山下達郎や長門義郎らが詳しいシティ・ポップ・バンド  http://www.discogs.com/...Fifth-Avenue-Band</ref>、フル・ムーン<ref>http://www.allmusic..Fifthcom/album/full-Avenue...moon-mw0000454427</ref>などが、これにあたる。日本のシティ・ポップのミュージシャンの場合、ボズ・スキャッグスやスティーリー・ダンのような、多様性や音楽的幅の広さが不足しているのが、難点でもある。
 
既存の「歌謡曲」「フォーク」が強く持っていた「歌」ではなく、「ニューミュージック」寄りのサウンド([[ポップ・ロック]]、や[[ジャズ]]、[[クロスオーバー_(音楽)|クロスオーバー]]、[[フュージョン_(音楽)|フュージョン]])を前面に打ち出した音楽スタイルは、聴衆から洗練された都会的なものであると同時に中流、中産階級志向と受け取られ、レコード会社もこれを既存の音楽とは違うものとして「'''都会のポップ=シティ・ポップ'''」という呼称でアピールを行うようになった。
*[[相曽晴日]]
*[[松任谷由実|荒井由実]]
*:「あの日に帰りたい」(1975年)シングル
*[[阿川泰子]]
*[[安部恭弘]]
*:「[[246:3AM (アルバム)|246:3AM]]」(1982年)
*:「Personally」(1984年)
*[[井上鑑]](あきら)
*:「PROPHETIC DREAM」(1982年)
*[[岩崎宏美]]
*[[岩崎良美 (歌手)|岩崎良美]]
*[[EPO]]
*:「DOWN TOWN」(1980年)
*[[黒住憲五]]
*[[桑名晴子]]
*:「FLY BY SUNSET」(1982年)
*[[国分友里恵]]
*[[小比類巻かほる]]
*[[佐野元春]]
*:「[[VISITORS (アルバム)|VISITORS]]」(1984年)
*[[ジャッキー・リン&パラビオン]]
*[[シュガー・ベイブ]]
*[[ジャドーズ]]
*:「Free Drink」(1987年)
*[[SING LIKE TALKING]]
*:「TRY AND TRY AGAIN」(1988年)
*:「CITY ON MY MIND」(1989年)
*[[CINDY]]
*[[杉山清貴]]
*:「CUE」(1990年)
*[[竹内まりや]]
*:「[[VARIETY]]」(1984年)
*:「[[REQUEST (竹内まりやのアルバム)|REQUEST]]」(1987年)
*[[田島貴男]]([[ORIGINAL LOVE]])
*[[田原音彦]]
*[[寺尾聰]]
*:「[[Reflections]]」(1981年)
109

回編集