「能郷白山」の版間の差分

m
m (→‎環境: update links)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[ファイル:Fragaria iinumae nogoichigo 2003-7-27.jpg|thumb|right|150px|[[ノウゴウイチゴ]]<!---([[白山]]の大倉尾根)-->]]
岐阜県側山域(656.45 [[ヘクタール|ha]])は亜高山性植物及び[[ブナ]]のすぐれた[[天然林]]のため、「能郷白山自然環境保全地域」に指定されている<ref name="pref-gifu">{{Cite web |url=http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s11124/houkishu/35190250007900000000/35190250007900000000/35190250007900000000.html |title=自然環境保全地域及び特別保全地域等の指定(岐阜県の条例) |publisher=岐阜県 |accessdate=2010-12-06}}</ref><ref>{{Cite web |url=http://www.pref.gifu.lg.jp/kankyo/koen-hodo/hozenchiiki/hozen-ichiran.html |title=自然環境保全地域一覧 |publisher=岐阜県 |accessdate=2012-12-10}}</ref>。山体は[[花崗閃緑岩]]などで構成される<ref name="新日本山岳誌 (2005)、1207頁" /><ref name="コンサイス日本山名辞典 (1992)、403頁">[[#コンサイス日本山名辞典|コンサイス日本山名辞典 (1992)、403頁]]</ref>。[[ノウゴウイチゴ]]は、日本で最初にこの山で発見されたことによる<ref name="白山と北陸の山 (2000)、209-211頁">[[#白山と北陸の山|白山と北陸の山 (2000)、209-211頁]]</ref>。かつては山全体がブナや[[ミズナラ]]などの[[自然林]]で覆われていたが、[[戦後#第二次世界大戦後|戦後]]能郷谷一帯でほとんどが伐採された<ref name="新日本山岳誌 (2005)、1207頁" />。山頂には[[一等三角点]]があり<ref name="kijyun" /><ref>[[一等三角点百名山]]のひとつに選定されている。</ref>、[[クマザサ|熊笹]]が生い茂っている。山の上部には[[ニッコウキスゲ]]などの花が多い山である。周辺では、[[イワウチワ]]、[[オオバキスミレ]]、[[カタクリ]]、[[キクザキイチゲ]]、[[キジムシロ]]、[[コバイケイソウ]]、[[ザゼンソウ]]、[[サラサドウダン]]、[[サンカヨウ]]、[[シモツケソウ]]、[[ツクバネソウ]]、[[ニッコウキスゲ]]、[[ヒメイチゲ]]、[[ムラサキヤシオツツジ]]などの多くの花々が見られる<ref name="福井県の山 (2010)、60-61頁">[[#福井県の山|福井県の山 (2010)、60-61頁]]</ref>。周辺の山域に生息する{{link-zh|カンムリレンズガイ|Otesiopsis kanumuriyamensis}}(''Otesiopsis kanumuriyamensis'')は、岐阜県の[[レッドリスト]]で[[準絶滅危惧]]の指定を受けている<ref name="gifu-redbook">{{cite book
|chapter-urlchapterurl=http://www.pref.gifu.lg.jp/kurashi/kankyo/shizenhogo/c11265/kanmurirenzugai.html
|chapter=カンムリレンズガイ
|url=http://www.pref.gifu.lg.jp/kurashi/kankyo/shizenhogo/c11265/index_17185.html |deadurl=no
|title=岐阜県レッドデータブック  (動物篇) |edition=改訂版 |publisher=岐阜県
|date=2010-08 |access-dateaccessdate=2018-08-21 |language=ja }}</ref>。
 
== 白山信仰 ==
77,182

回編集