「ピアノ協奏曲 (グリーグ)」の版間の差分

Wikipediaを壊してみたwwwwwwww
(Wikipediaを壊してみたwwwwwwww)
タグ: ビジュアルエディター モバイル編集 モバイルウェブ編集
: 印象的なティンパニの[[クレッシェンド]]に導かれて登場する冒頭のピアノの流れ落ちるようなフレーズは、「悲劇」をイメージさせるBGMとしてテレビなどでもしばし使われるなど非常に有名である<ref>この冒頭部分は終戦直後に[[日本放送協会|NHK]]の連続放送教養番組「ラジオ民衆学校」のテーマ音楽として使われた。また、[[シンガーソングライター]]の[[さだまさし]]の「[[関白宣言]]」のアンサーソング、「関白失脚」において、途中でその冒頭・序奏部を引用している</ref>。これは、[[フィヨルド]]の注ぐ滝の流れを表現したものともいわれる。第1主題は、オーボエからチェロに引き継がれる素朴な形で現れる。第2主題はいかにもグリーグらしい「静かに歌うような」旋律である。ごく短い展開部は第1主題が扱われ、半音ずつ上昇させる形。管楽器が主題を演奏する後ろでピアノは分散和音で彩る。型どおりの再現部の後に、非常に長い[[カデンツァ]]となる。カデンツァの後に第1主題の一部を弦楽器が仄暗く奏で、Piu allegroのコーダに入る。コーダの最後でピアノが冒頭のフレーズを再現して終わる。
 
* '''第2楽章''' [[wikt:adagio|Adagio]] [[変ニ長調]] 3/8拍子 [[複合三部形式|鎮魂]]
*[[複合三部形式|形式]]
: 弱音器をつけた弦楽器が、柔らかい充実した和音の旋律を奏でる。第2部でようやく現れるピアノのパートは、この旋律を受け継ぎながら発展されるパッセージであり、印象的である。第3部は、管弦楽に支えられたピアノが主題を強奏し、なごりを惜しむかのように、次第に静かに消えていく。
 
 
== 演奏時間 ==
302369741分。
 
== 備考 ==
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}fuck
 
{{Reflist}}