「リンブルフ州 (オランダ)」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎自治体: 日本語の発音を、現地の言い方に修正(リンブルフ方言))
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 歴史 ==
現在リンブルフ州となっている地域は、[[中世]]期には[[神聖ローマ帝国]]を構成する複数の[[領邦]]国家(リンブルク伯領、[[ブラバント公国]]、[[ゲルデルン公国]]、[[ユーリヒ公国]]、[[リエージュ司教領]]、[[ケルン大司教]]領)によって分割統治されていた。その後、[[カール5世 (神聖ローマ皇帝)|カール5世]]によって、[[ネーデルラント17州]]が[[ハプスブルク家]]の支配下に統合される。リンブルフは[[ナポレオン・ボナパルト|ナポレオン]]の時代に[[フランス第一帝政|フランス帝国]]に併合されるが、[[1815年]]、[[ウィーン会議]]により[[ネーデルラント連合王国]]領となる。1830年にネーデルラント南部諸州が[[ベルギー]]として独立すると、リンブルフは州都マーストリヒト以外の全域ベルギーの実効支配下に置かれた。[[1839年]]、[[ロンドン]]において条約 (1839年)|ロンドン条約]]が締結され、リンブルフの東側半分をオランダ領、西側半分をベルギー領として分割されることになった。オランダ側のリンブルフは、[[1866年]]まで「リンブルク公国」の名で[[ドイツ連邦]]に加盟した。「公国」の名は、その後も[[1906年]]まで州の公式名称であった。
 
[[第一次世界大戦]]ではオランダの中立政策が成功し、被害を免れたが、[[第二次世界大戦]]では州の全域が戦場となり、両軍の兵士のみならず多くの民間人が犠牲となった。
 
== 地理 ==
北部では[[マース川]]が中央を縦断し、南部では[[マース川]]がベルギーとの国境となり、その東側が領域となる。オランダ12州の中で最も[[標高]]の高い土地である。
 
== 自治体 ==
=== 出典 ===
{{reflist|2}}
 
<!--
 
 
-->
 
== 外部リンク ==
{{Commonscat|Limburg (Netherlands)|リンブルフ州(オランダ)}}
 
{{オランダの地方行政区画}}
{{netherland-stub}}
 
{{DEFAULTSORT:りんふるふ}}
{{netherland-stub}}
[[Category:リンブルフ州 (オランダ)|*]]
[[Category:オランダの州]]
匿名利用者