「カルロス・スリム」の版間の差分

編集の要約なし
(カテゴリ追加)
 
== ビジネス ==
1990年、できたばかりの[[フランステレコム]]と、やがて[[AT&T]]を再編する[[地域ベル電話会社#地域電話会社の合併|サウスウェスタン・ベル]]をともない、共同出資によりテレメックスを買収した。
1990年、できたばかりの[[フランステレコム]]と、やがて[[AT&T]]を再編する[[地域ベル電話会社#地域電話会社の合併|サウスウェスタン・ベル]]をともない、共同出資によりテレメックスを買収した。アメリカ・モービル子会社の[[:en:Telcel|テルセル]]は、2006年11月にアメリカ大使の電報が[[ウィキリークス]]経由で漏洩して、メキシコ携帯電話市場の8割を独占していることが明らかとなった<ref>{{cite web|title=Enlistan los sectores con privilegios|url=http://wikileaks.jornada.com.mx/notas/sectores-clave-con-alto-grado-de-concentracion-del-mercado/|work=Wikileaks en LaJournada|publisher=DEMOS, Desarrollo de Medios, S.A. de C.V|accessdate=14 October 2012|language=Spanish|date=17 March 2011}}</ref>。2010年1月29日の''Empresas Cablevisión vs JP Morgan Chase Bank'' 訴訟判決では、カルロス・スリムの躍進が[[JPモルガン]]と密接な関係にあった事実が散見された<ref>[[ロイター]] [http://blogs.reuters.com/felix-salmon/2010/02/18/how-jp-morgan-treats-its-clients-scandalously-and-in-bad-faith/ How JP Morgan treats its clients: scandalously and in bad faith] 2010/2/18</ref>。2012年4月、メキシコ当局による反トラスト訴訟で1億ドルの罰金を請求された<ref>ロイター [http://www.reuters.com/article/us-mexico-slim-fine-idUSBRE83S0EV20120429 Mexico regulators to vote on $1 billion fine vs tycoon Slim] Apr 29, 2012</ref>。2014年4月23日、[[:en:Telekom Austria|テレコム・オーストリア]]を傘下に収め、ヨーロッパ進出の足がかりとした。
 
アメリカ・モービル子会社の[[:en:Telcel|テルセル]]は、2006年11月にアメリカ大使の電報が[[ウィキリークス]]経由で漏洩して、メキシコ携帯電話市場の8割を独占していることが明らかとなった<ref>{{cite web|title=Enlistan los sectores con privilegios|url=http://wikileaks.jornada.com.mx/notas/sectores-clave-con-alto-grado-de-concentracion-del-mercado/|work=Wikileaks en LaJournada|publisher=DEMOS, Desarrollo de Medios, S.A. de C.V|accessdate=14 October 2012|language=Spanish|date=17 March 2011}}</ref>。
 
2010年1月29日の''Empresas Cablevisión vs JP Morgan Chase Bank'' 訴訟判決では、カルロスの躍進が[[JPモルガン]]と密接な関係にあった事実が散見された<ref>[[ロイター]] [http://blogs.reuters.com/felix-salmon/2010/02/18/how-jp-morgan-treats-its-clients-scandalously-and-in-bad-faith/ How JP Morgan treats its clients: scandalously and in bad faith] 2010/2/18</ref>。
 
2012年4月、メキシコ当局による反トラスト訴訟で1億ドルの罰金を請求された<ref>ロイター [http://www.reuters.com/article/us-mexico-slim-fine-idUSBRE83S0EV20120429 Mexico regulators to vote on $1 billion fine vs tycoon Slim] Apr 29, 2012</ref>。2014年4月23日、[[:en:Telekom Austria|テレコム・オーストリア]]を傘下に収め、ヨーロッパ進出の足がかりとした。
 
2017年に[[比亜迪汽車]](BYD)への支援者でも知られるライバルの[[ビル・ゲイツ]]や[[ウォーレン・バフェット]]と同様にカルロスの所有する[[:en:Inbursa|インバーサ]]傘下のジャイアント・モーターズ・ラテンアメリカは[[電気自動車]]に参入し、[[中華人民共和国]]の国有自動車メーカーである安徽江淮汽車(JAC)と提携してラテンアメリカ市場向けの[[スポーツ用多目的車]]を共同生産することも発表された<ref>{{cite web|title=Billionaire Slim eyeing electric taxi to reduce pollution in Mexico City|url=https://www.reuters.com/article/us-mexico-autos/billionaire-slim-eyeing-electric-taxi-to-reduce-pollution-in-mexico-city-idUSKBN18L2Y0|work=|publisher=[[ロイター]]|accessdate=2018-08-23|date=2017-05-26}}</ref>。同年に中国やメキシコとの貿易の見直しを掲げて[[アメリカ合衆国大統領]]に就任した[[ドナルド・トランプ]]の[[保護貿易主義]]に対抗するカルロスの動きともされる<ref>{{cite web|title=Billionaire Carlos Slim And China's JAC Motors To Manufacture Cars For Latin American Market|url=https://www.forbes.com/sites/doliaestevez/2017/03/28/billionaire-carlos-slim-and-chinas-jac-motors-to-manufacture-cars-for-latin-american-market/|work=|publisher=[[フォーブス]]|accessdate=2018-08-23|date=2017-03-28}}</ref>。
 
== 個人資産 ==
2009年8月の[[フォーブス (雑誌)|フォーブス]]によれば、以前は第三位だったが、[[マイクロソフト]]社の[[ビル・ゲイツ]]を抜いて世界一位(総資産約 8兆3000 億円)の大[[富豪]]となった。その後も、2010年度版長者番付で資産総額 535億アメリカドル(約4兆8000億円)・2011年度版の世界長者番付では、さらに資産を上げ、740億アメリカドル(約6兆2000億円)・2012年度版の世界長者番付で、690億ドル(約5兆6000億円)・2013年度版でも、730億[[アメリカドル]](約6兆7900億円)で[[世界長者番付]]4年連続一位を獲得した<ref>[http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE82701120120308 ロイター『メキシコの富豪スリム氏、世界長者番付で3年連続1位』]</ref>。なお2014年以降は再びビル・ゲイツが一位となっている。
 
[[ソウマヤ美術館]]にコレクションを所有している。
450

回編集