「ダクテッドファン」の版間の差分

航空機用としては[[スティパ・カプロニ]]、[[垂直離着陸機|VTOL機]]向けに研究されてきた[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の[[X-22 (航空機)|ベル X-22]]のように実験の域を出ることはあまりなく、実用機として販売されたのは[[エジレイ オプティカ]]と[[RFB ファントレーナー]]のみである。
 
[[電動航空機]]とすることで複雑な駆動系を廃し電線に置き換えることが可能である。[[エアバス]]はダクテッドファンを電動機で直接駆動する[[:en:Airbus E-Fan|Airbus E-Fan]]を開発した。また[[Lilium(リリウム)GmbH]]が開発中の『Electric Jet Engines』は電動ダクテッドファンであるが、ターボファンエンジンのように空気を圧縮するとしている
 
[[スカイカー]]の[[:en:Moller M400 Skycar|Moller M400 Skycar]]は4機のダクテッドファンの向きを偏向することでVTOLが可能となっている。
[[飛行船]]ではダクテッドファンであれば、プロペラについた氷が遠心力で飛ばされた際に、船体を破る危険が極めて小さくなる。
 
ラジコン飛行機用の小型推進器としては比較的ポピュラーな存在である。特にモデルとした実機が[[ジェット機]]である場合に、プロペラが外から見えないようにするため、小型かつ安価なモデルでは模型用[[ジェットエンジン]]の代わりに搭載される。電動モーター駆動のファンの後に[[燃料噴射装置]]と[[バーナー]]を備えた燃焼室を設け、ジェット排気による推力を付与するものもある<ref>これは[[モータージェット]]と同様の仕組である。ジェット排気による推力付加の効果はそう高いものではなく、現実のジェット機を模倣する演出的効果を狙ったものである。</ref>。ただし普及している高[[バイパス比]][[ターボファンエンジン]]のファンは一般にダクテッドファンの一種である
 
ただし普及している高[[バイパス比]][[ターボファンエンジン]]のファンは一般にダクテッドファンの一種である。
 
<gallery>
7,430

回編集