「逓信省営繕課」の版間の差分

(NTTファシリティーズ へのリダイレクトを解除しました)
タグ: リダイレクト解消
営繕部は国有財産および営繕に関する事項を管掌し、部内に管財・設計・施行の三課が置かれた。
1949年(昭和24年)6月1日、逓信省が[[郵政省]]と[[電気通信省]]とに分割されると、それぞれ大臣官房に建築部が置かれた。
 
== 特徴 ==
建築の[[文化]]や[[文明]]とともに国家の中枢を省が担うというところからこの省にエリートな建築家が集まっていった。彼らは国の政策を担っているつもりで当時の近代建築運動にも共感を示し、日本の近代建築におけるひとつの軸を形成したことが知られている。大きな政府の強い政策のもとに結集したある種のエリート集団であることでことのほか自由な思想が保障されていたので、組織の論理に従うのではなく自分の価値観そのものが時代と国を映し出すのであり、信念を表現することが社会のためになる、という確信を持ちえるエリートが存在しえた状況であった<ref>小原 誠, 丹羽 和彦 「分離派風局舎」と逓信省営繕の建築 : 大正後期の逓信省建築に関する研究 その2 日本建築学会計画系論文集 / 64 巻 (1999) 516 号 </ref>。
 
こうして、佐立、吉井以降も特に[[内田四郎]]、[[渡辺仁]]らが加わってからは、逓信建築は彼らが切り開いた[[大正期]]の[[モダニズム]]の時代にふさわしい建築へと発展した。その後も[[三橋三郎]]が1889年に、[[大島三郎]]が1917年に、岩元禄と[[森泰治]]が1918年に、[[吉田鉄郎]]が1919年に、山田守と[[中山広吉]]が1920年が入省してくる。そこは官庁営繕というより自由な建築デザインの揺籃がみられ、特に1910年代は黄金時代の始まりとみられている<ref>[[内田祥三]]もまた当時、その自由な空気と、設計能力の高いスタッフが集まっていたことを証言しており、後に子息[[内田祥哉]]が後進の電電公社に入社している。(インタヴュー 吉田鐵郎の平凡、官庁営繕の公共性 (特集 平凡建築) 内田 祥哉 , 長島 明夫 建築と日常 (5), 6-20, 2018)</ref>。
 
== 脚注 ==
[[カテゴリ:公共事業]]
[[カテゴリ:1886年設立]]
 
== 参考文献 ==
*[http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1842248 逓信省五十年略史]
724

回編集