「サム・ペキンパー」の版間の差分

ワイルドバンチに脚注
(ウォルター・ヒルを追加。タグの更新。)
(ワイルドバンチに脚注)
ペキンパーが初めて監督した劇場映画は、『[[荒野のガンマン]]』([[1961年]])である。翌年に公開された『[[昼下りの決斗]]』([[1962年]])で監督としての力量を認められたものの、『[[ダンディー少佐]]』([[1965年]])<ref>[[ハーマン・メルヴィル]]の『[[白鯨]]』と比較されることがあり、ダンディーがエイハブ船長、タイリーンがスターバック、ライアンがイシュメイル、チャリバが白鯨だという。</ref>では編集権をめぐりプロデューサーと衝突、以後しばらく映画界から干されてしまった。しかしテレビ映画『昼酒』([[1966年]])での優れた演出が認められ、無事復帰することになる。
 
『[[ワイルドバンチ]]』<ref>http://www.imdb.com/title/tt0065214/</ref>([[1969年]])では、[[スローモーション]]撮影を多用とした独特のバイオレンス描写で[[アクション映画]]に新境地を切り開いた。その反面、一般客や保守的な批評家からは、その過激な暴力表現に対する批判を招いた。『[[砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード]]』([[1970年]])はペキンパーによってベスト・フィルムであることを宣言された作品であり、彼の穏やかな一面が見られる。『[[わらの犬]]』([[1971年]])はペキンパー作品でも特に暴力描写が激しい作品で、公開後物議を醸した。『[[ゲッタウェイ]]』<ref>http://www.imdb.com/title/tt0068638/</ref>([[1972年]])は人気俳優[[スティーブ・マックイーン]]を主役に、アリ・マッグロを共演に迎え初の大ヒットを記録。なお、マックイーンとマッグロは後に結婚している。秀逸な脚本は、後に映画監督としても成功したウォルター・ヒルが担当した。
 
『[[ビリー・ザ・キッド/21才の生涯]]』([[1973年]])は歌手、[[ボブ・ディラン]]が音楽を担当していることで話題になった。ペキンパー本人も棺桶屋の役で出演している。『[[ガルシアの首]]』([[1974年]]) はアメリカでは惨敗したが、日本ではヒットした。しかしその次の監督作品『[[キラー・エリート (1975年の映画)|キラー・エリート]]』([[1975年]])『[[戦争のはらわた]]』([[1977年]])もアメリカでは興行的にいまひとつだったが、ヨーロッパや日本では評価され、[[オーソン・ウェルズ]]や[[マーティン・スコセッシ]]ら高評価を与えた作品でもある。
*[[西部劇]]
*[[ウォルター・ヒル]]
*[[アリ・マッグロー]]
 
== 脚注 ==
109

回編集