メインメニューを開く

差分

鳥類についての言及。
詳細は本文参照
}}
'''恐竜'''(きょうりゅう)は、[[脊椎動物]]の[[分類群]]の一つである。[[中生代]][[三畳紀]]に現れ、中生代を通じて繁栄した。多様な形態と習性のものに[[適応放散]]し、陸上動物としては非常に大きくなったものもあったが、約6,600万年前の[[白亜紀]]と[[新生代]]との境に多くが[[絶滅]]した(小型の獣脚類の一部は現在も繁栄して鳥類と呼ばれている、とする見方もある。[[アラモサウルス]]などの一部の属については、この後もしばらく生き延びていた可能性を主張する研究者もいる<ref>[[読売新聞]]、2011年2月5日22時8分配信。</ref>)。
 
古典的[[分類学|分類]]では[[爬虫類|爬虫綱]] - [[双弓亜綱]] - [[主竜形下綱]]に属し、[[分類階級]]は[[目|上目]]とされてきた。なお、[[系統樹]]に基づく[[分岐学]]的観点から、単に「恐竜」と呼んだ場合、学術的には「[[鳥類]]」を含めることが多くなっている(後述)。このため、上記の分類群(恐竜から鳥類を除いたグループ)を指す上では、より厳密な「'''非鳥類型恐竜(non-avian dinosaur)'''」の使用が、[[学術論文]]を中心に見られる<ref name=Weishampel2004>{{Harvnb|Dinosauria2nd|2004|pp={{要ページ番号|date=2017年7月}} }}</ref><ref name=Fastovsky2006>{{Harvnb|Fastovsky|Weishampel|2006|pp={{要ページ番号|date=2017年7月}} }}</ref>。ただし一般に「恐竜」と言えば鳥類を除いたものを指すケースが多く、依然分類群としても簡便で有用である<ref name="Fastovsky2006" />。よって本項では特に言及のない限り、「恐竜」と言えば「非鳥類型恐竜」を指すものとする。
匿名利用者