「日本テレビ動画」の版間の差分

(→‎作品のビデオソフト化・再放送: リンクの追加と作品情況の追加)
『[[ドラえもん (1973年のテレビアニメ)|ドラえもん]]』以外の日本放送映画→東京テレビ動画→日本テレビ動画の作品に関しては、多くがビデオソフト化や再放送が行われており、現在でも同社から作品の版権を引き継いで管理している者が存在するとみられる。
 
『[[赤き血のイレブン#テレビアニメ|赤き血のイレブン]]』は1994年に[[バップ]]から全話収録のVHSソフト全9巻が発売(2002年に[[ラインコミュニケーションズ]]から全12巻でVHS・DVD化)、2012年には[[AT-X]]で再放送が行われた。またAT-Xでは『[[男一匹ガキ大将#テレビアニメ|男一匹ガキ大将]]』も2011年に再放送が行われ、[[2018年]]には[[ベストフィールド]]から初ソフト化となるDVDBOXが発売された。なお『[[男どアホウ甲子園#テレビアニメ|男どアホウ!甲子園]]』は[[1987年]]に[[バップ]]から全2巻のVHSソフトが発売されている。また未ソフト化作品に関しても『[[モンシェリCoCo]]』は1990年代に[[キッズステーション]]で再放送が行われている。
 
劇場用作品の『[[ヤスジのポルノラマ やっちまえ!!]]』は[[IMAGICA]]でネガフィルムが発見され、2005年の[[ゆうばり国際ファンタスティック映画祭]]で上映が行われたこともあり、その後、[[谷岡ヤスジ]]作品の版権を管理しているソニー・デジタルエンタテインメントによって原版フィルムが[[東京国立近代美術館]][[東京国立近代美術館#フィルムセンター|フィルムセンター]]に寄贈され<ref>[http://sonydes.jp/newblog/archives/tag/%E8%B0%B7%E5%B2%A1%E3%83%A4%E3%82%B9%E3%82%B8 谷岡ヤスジ氏原作の映画原版フィルムを東京国立近代美術館フィルムセンターに寄贈]ソニー・デジタルエンタテインメント</ref>、[[東京国立近代美術館#フィルムセンター|東京国立近代美術館フィルムセンター]]の上映企画「発掘された映画たち2018」でも再上映されている<ref>[http://www.momat.go.jp/fc/exhibition/hakkutsu2018-2/#section1-2 発掘された映画たち2018] [[東京国立近代美術館]][[東京国立近代美術館#フィルムセンター|フィルムセンター]]</ref>。なお本作は現在株式会社ディメンション内の復刻レーベル[http://dig-mov.net/ DIGレーベル]よりソフト化の企画が現在進行中である。
 
1989年に[[マイカルハミングバード|株式会社ハミングバード]]から発売されたアニメ主題歌集ソフト『マニア愛蔵版 懐かし~いTVアニメテーマコレクション』(LD・VHS)には、他社作品と共に『[[戦え!オスパー#テレビアニメ版|戦え!オスパー]]』、『[[とびだせ!バッチリ]]』、『[[冒険少年シャダー]]』、『[[夕やけ番長#テレビアニメ|夕やけ番長]]』、『[[男一匹ガキ大将#テレビアニメ|男一匹ガキ大将]]』、『[[赤き血のイレブン#テレビアニメ|赤き血のイレブン]]』、『[[男どアホウ甲子園#テレビアニメ|男どアホウ!甲子園]]』、『[[アニメドキュメント ミュンヘンへの道]]』、『[[モンシェリCoCo]]』のオープニング映像が収録されている。