「共同被告同志に告ぐる書」の版間の差分

m
編集の要約なし
編集の要約なし
m編集の要約なし
[[File:Tokyo Asahi Shimbun newspaper clipping (10 June 1933 issue).jpg|thumb|300px|佐野と鍋山の転向を報じた東京朝日新聞の記事(1933年6月10日)]]
'''共同被告同志に告ぐる書'''(きょうどうひこくどうしにつぐるしょ)とは、[[1933年]][[6月10日]]に[[日本共産党]]幹部の[[佐野学]]と[[鍋山貞親]]が公表した左翼労働運動の方針に関する[[転向#共産主義などからの転向|転向]]宣言。俗に「'''佐野・鍋山転向声明'''」・「'''転向声明'''」という。
 
== 概要 ==
日本共産党幹部の佐野学と鍋山貞親は、1929年の党弾圧に伴い治安維持法違反で検挙・起訴された。その後の裁判では他の党幹部と「獄中中央委員会(仮称)を結成、党再建と戦争危機への対処を目指して公判闘争を繰り広げた。しかし、1932年10月の第一審判決は二人とも無期懲役であった。佐野から鍋山に重大な話がもちかけられたのは翌年一月末のことである<ref>https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/179561/1/bkr00009_001b.pdf 一国社会主義から民主社会主義へ : 佐野学・鍋山貞親の 戦時と戦後</ref>。
 
戦前、対中・対米英開戦を支持して[[近衛内閣|近衛政権]]の[[新体制運動]]を主導し、戦後[[日本教職員組合|日教組]]など左派労組を組織し、[[日本社会党]]を結成したメンバーは、これら転向組である。
 
== 要旨 ==
* 本来世界戦争革命を目指して、これまで多くの輝かしい仕事をしてきたコミンテルンが、1920年代末以後、ソ連邦の国策遂行機関としての傾向を強め、戦争回避を各国共産党同志に要求し、革命を完全に棚上げしている。
* コミンテルンは日本の特殊性を根底的に研究せず、日本において君主制反対闘争が渦巻いているとか反戦的運動が激化しているという捏造された虚構に基づいて、日本は、社会主義革命の前に天皇制廃止(ブルジョア革命)に専念すべきと32年テーゼを決定した。
* 日本の左翼的労働者運動(社会主義革命)は、党にしろ組合にしろコミンテルンの諸関係から断然分離し、新たなる基準においてラジカルに再編成されねばならない。
 
== 参考文献 ==
{{参照方法|date=2017年10月10日 (火) 02:25 (UTC)|section=3}}
*『'''日本共産党の研究 下'''』(立花隆 1978年)
 
{{Reflist}}
 
== 関連項目 ==
*[[一国社会主義 (日本)|一国社会主義]] - 転向後の佐野・鍋山らが指導した社会運動。
*[[警視庁 (内務省)]]