「群書治要」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
* {{cite book|和書|title=群書治要|series=古典研究会叢書 漢籍之部 9-15|year=1989-1991|publisher=[[汲古書院]]|url=http://www.kyuko.asia/book/b9499.html}}(全7冊)
 
中国では、[[清]]代に日本で印刷された本が伝わり、[[阮元]]が入手して[[嘉慶帝]]に進上している。現存しない書籍を多数収録していることを阮元は高く評価し、明らかに唐初の書物であると判断している<ref>{{cite book|和書|author=[[阮元]]|chapter=群書治要五十巻提要|title=四庫未収書提要|series=揅室外集巻三|chapterurl=https://ctext.org/library.pl?file=79232&page=92}}</ref>。また、1990年代に日本の[[皇室]]関係者経由で写本を手に入れた[[習仲勲]]が研究を命じて『群書治要考訳』が刊行されている<ref>{{Cite web|url=http://ji-sedai.jp/series/research/024.html|title=中国の支配者・習近平が引用する奇妙な古典 |date=2015-04-23|accessdate=2018-03-10|publisher=ジセダイ}}</ref><ref>{{Cite web|url=http://agora-web.jp/archives/2029302.html|title=習近平の父が守った伝統文化の価値 |date=2017-11-04|accessdate=2018-03-10|publisher=[[アゴラ]]}}</ref>。
 
== 刊本 ==
匿名利用者