「第15族元素」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎性質: )
|}
 
第15族元素は半導体デバイスにおいて重要な役割を演じる。第14族元素の真性半導体に対して、第15族元素と第13族元素の化合物から形成される半導体を[[III-V族半導体]]と呼ぶ。III-V族半導体のバンドギャップは可視光領域に相当するため、[[発光ダイオード]]・[[半導体レーザー]]など光デバイスの素材として重要である。また、真性半導体に第1415族元素を微量ドーピングすることで[[N型半導体]]を形成する。
 
== 水素化物 ==
匿名利用者