「立体角」の版間の差分

m
リンクと記号付記と約 41 252.96 平方度の主語の明示等により、曖昧性の減少
(計量単位を分けて記述)
m (リンクと記号付記と約 41 252.96 平方度の主語の明示等により、曖昧性の減少)
 
立体角の計量単位には次の2つがある。
* [[ステラジアン]](記号 sr):二次元での全円周を 2[[SI単位円周率|π]]であり、日本 とする角度単位の[[計量法ラジアン]]において認められて(弧度ともう)(記号 rad)を、三次元に拡張したものである。全球の立体角は 4[[ステラジアン円周率|π]] = sr ≒ 12.566 370 614 sr である。ステラジアン は[[SI単位]]であり、約41 252.96 日本の[[平方度計量法]]であにおいて認められている。放射強度の単位などとして用いられている。
 
* [[平方度]]:天文学(記号 deg<sup>2</sup>):二次元天球上の角度単位の[[度_(角度)|度]](記号 °)を、三次元おけ拡張したものであ面積を表す。1 deg<sup>2</sup> = (2[[円周率|π]] / 360) <sup>2</sup> ≒ 0.000 304 617 419 79 sr 、逆換算では、1 sr ≒ 3282.806 350 012 deg<sup>2</sup>。全球に用いられ立体角は約 41 252.96 deg<sup>2</sup> となる。平方度は非[[SI単位]]であり、日本の[[計量法]]においても認められていない。1 平方度は、約0.000 304 617 419 79 sr(ステラジアン)天文学天球上における面積を表すのに用いられている。
 
== 関連項目 ==