「1988年のテレビ (日本)」の版間の差分

lk調整
(lk調整)
** フジテレビ系の歌謡番組『[[夜のヒットスタジオ]]DELUXE』の司会を[[1968年]](昭和43年)[[11月4日]]の放送開始より務めた[[芳村真理]]が放送1000回をもって勇退。同日は放送開始時間を1時間前倒しして20時~23時までの3時間特番とし、[[東京プリンスホテル]]より中継。歴代のパートナー役([[前田武彦]]・[[井上順]]、既に故人となっていた[[三波伸介 (初代)|三波伸介]]の代役として[[伊東四朗]])や番組の歴史を飾ってきた人気アーティストら200組以上のタレントが集結し芳村を労った。なお、翌週より[[古舘伊知郎]]はそのまま続投(それまでは芳村のパートナー役としての位置づけで司会を務めていたが、芳村勇退を機にメイン格に昇格)したほか、翌々週の2月24日放送分からは俳優の[[柴俊夫]]が古舘の新パートナー役として司会に加わる(柴は1989年9月27日の『DELUXE』最終回まで担当)。
** [[テレビ朝日]]系にて、[[ビートたけし]]([[お笑いタレント]])の[[フライデー襲撃事件|不祥事]]で1年間中断していたスポーツバラエティ番組『[[ビートたけしのスポーツ大将]]』がこの日から水曜20時枠で再開( - 1990年2月27日。その後も特番で放送)。
* [[2月13日|13日]] - [[TBSテレビ|TBS]]系の[[クイズ番組]]・『[[クイズダービー]]』の2枠解答者・[[山崎浩子]]が降板<ref group="注">[[1988年ソウルオリンピック|ソウルオリンピック]]レポーター等に専念する為。山崎は[[1985年]](昭和60年)[[4月6日]]放送分より足かけ2年11ヶ月にわたる活躍だった。</ref>。翌週[[2月20日|20日]]より[[井森美幸]]に交代。
* [[2月22日|22日]] - TBS系の『[[ナショナル劇場]]』で[[時代劇]]・『[[水戸黄門 第17部]]』(佐々木助三郎役を務めた[[里見浩太朗]]の最終作)が最終回を迎えた<ref group="注">里見は[[2002年]]放送の[[水戸黄門 第31部|第31部]]より[[徳川光圀|水戸光圀]]役で復帰。</ref>。翌週[[2月29日|29日]]からは『[[大岡越前 第10部]]』がスタート、本部より村上源次郎役の[[大坂志郎]]が体調不良の為。佐橋孫兵衛役の[[佐野浅夫]]が登場。
 
 
=== 9月 ===
[[ファイル:Seoul Olympic torch.jpg|200px|サムネイル|右|[[1988年ソウルオリンピック|ソウルオリンピック]](写真は[[開会式]]の[[オリンピック聖火|聖火]]、9月17日。NHK総合などで中継)]]
[[ファイル:Kokyo0057.jpg|200px|サムネイル|右|[[昭和天皇]]の病状悪化で特別報道体制に。[[フィラー]]の中継映像などで[[皇居]]が映し出された]]
* [[9月4日|4日]] - テレビ朝日系のクイズ番組『[[象印クイズ ヒントでピント]]』の女性軍3枠を務めた[[エッセイスト]]の[[三好礼子]]が降板<ref group="注">足掛け1年半にわたる活躍だった。</ref>。[[スーパーベースボール (テレビ朝日系列)|プロ野球中継]]による1週休止のため[[9月18日|18日]]からは[[根本りつ子]]が登板<ref>[[読売新聞]]、[[朝日新聞]]、[[毎日新聞]]、[[産経新聞]]、[[日本経済新聞]]、[[報知新聞]](1988年9月18日付のテレビ欄)より。</ref>。さらに[[9月25日|25日]]には同軍4枠を務めたタレントの[[飯星景子]]が降板<ref group="注">飯星はおよそ2年にわたる活躍だった。</ref>。
* [[9月12日|12日]] - TBS系の『ナショナル劇場』・時代劇『[[水戸黄門 第18部]]』がスタート。3代目[[佐々木助三郎]]役に就任した[[あおい輝彦]]を迎えた新シリーズで、あおい、水戸光圀役の[[西村晃]]、[[伊吹吾郎]]、[[高橋元太郎]]、[[由美かおる]]、[[野村将希]]といったメンバーの他に[[台湾]][[高尾]]出身の[[歌手]]・[[娃娃]]がレギュラーとして参加<ref group="注">なお、製作記者発表は[[8月1日]]に[[赤坂プリンスホテル]]で開かれた。</ref>。
* [[9月17日|17日]]〜[[10月2日]] - [[1988年ソウルオリンピック|ソウルオリンピック]]をNHK・民放各局で中継。
* [[9月19日|19日]]〜 - [[昭和天皇]]の病状悪化により、テレビ各局が特別報道体制となる。昭和天皇は19日夜大量[[吐血]]をし、深刻な病状となった。テレビ各局は、昭和天皇の[[体温]]・[[脈拍]]・[[血圧]]・[[呼吸]]数などを連日報道し、通常の放送が終了した際、[[フィラー]]([[皇居]]の中継映像等)で「天皇陛下のご容体は情報が入り次第お伝えします」などの字幕をつけて対応。[[1989年]][[1月7日]]の昭和天皇[[崩御]](死亡)までこの状態が続き、同日から[[1月9日]]未明まで、テレビ各局は昭和天皇の特番を終日放送した(民放は[[コマーシャルメッセージ|CM]]無し<ref group="注">[[1989年]][[1月9日]]から当面は公共広告機構(現:[[ACジャパン]])等のCMを流したほか、各局独自で環境映像等を放送した。</ref>)。
* [[9月30日|30日]] - TBS系で前年10月に開始された夜10時枠のニュース番組『[[JNNニュース22プライムタイム]]』が終了。後番組は翌週より『[[JNNニュースデスク'88]]』が開始。
(※関東地区、[[ビデオリサーチ]]調べ)
=== スポーツ ===
# [[1988年ソウルオリンピック|ソウルオリンピック]]「[[1988年ソウルオリンピックにおける陸上競技#男子マラソン|男子マラソン]]」他(NHK総合、10月2日)43.4%
# ソウルオリンピック「閉会式」(NHK総合、10月2日)40.8%
# ソウルオリンピック「第9日」(NHK総合、9月25日 19:48-19:59)38.0%
 
== スポーツ番組 ==
* [[1988年カルガリーオリンピック|カルガリーオリンピック]]中継(NHK)
* [[1988年ソウルオリンピック|ソウルオリンピック]]中継番組(NHK・民放各局)
* [[こちら夢スタジアム]](日本テレビ)
* [[タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチ]](フジテレビ)