「インヒビン」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
 
'''インヒビン'''(inhibin)とは、雌では[[顆粒膜細胞]]、雄では[[セルトリ細胞]]から分泌される[[糖タンパク質]][[ホルモン]]である。インヒビンは[[卵胞刺激ホルモン]](FSH)によって合成、放出が促進され、血中に放出されたインヒビンはフィードバック作用によって[[下垂体]]前葉に直接作用してのFSHの分泌を特異的に抑制する。通常雌ではインヒビンの作用により下垂体からのFSHの放出は抑制されているが、[[排卵]]によりインヒビン分泌が抑制されることにより、FSHが急激に放出される。インヒビンの血中濃度はFSHの濃度変化と逆相関し、[[主席卵胞]]の発育とともに増加し、[[発情期]]に最高値を示し、排卵後に急激に低下する。
変化と逆相関し、[[主席卵胞]]の発育とともに増加し、[[発情期]]に最高値を示し、排卵後に急激に低下する。
 
== 関連項目 ==