「眞鍋政義」の版間の差分

lk調整、Normdaten追加
(lk調整、Normdaten追加)
[[大阪商業大学|大阪商大]]進学後は、西日本インカレ・関西リーグ完全優勝(1回生から4回生まですべて優勝)を経験。1985年[[1985年夏季ユニバーシアード|神戸ユニバーシアード]]に出場し、同年全日本代表に初選出され、[[1985年ワールドカップバレーボール|1985年ワールドカップ]]に出場した。
 
[[1986年]]、[[堺ブレイザーズ|新日本製鐵]]に入社。1年目からレギュラーで活躍し新人王を獲得。その後も日本リーグ3連覇・黒鷲旗3連覇など、新日鐵黄金時代に中心選手として貢献。全日本代表としても、[[1988年]]の[[1988年ソウルオリンピックにおけるバレーボール競技|ソウル五輪]]など数多くの国際大会に出場。日本を代表するセッターとして活躍した。
 
[[1993年]]からは新日鐵の[[選手兼任監督]]に就任。第3・4回Vリーグでのリーグ連覇に導いた。
チーム方針として、スパイクの「決定率」よりもミスや被ブロックの少ない「効果率」を重視し<ref>[http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201506300003-spnavi?p=1 ネット際の駆け引きと効果率に注目バレーボールの観戦力を高めるポイント2] - スポーツナビ</ref>、まず「サーブ」「サーブレシーブ」「ディグ(レシーブ)」「失点を少なくする」の4点だけは世界一になろうと選手にずっと言い続けていった<ref>[http://sports.yahoo.co.jp/sports/volley/japan/2015/columndtl/201504150006-spnavi?page=2 眞鍋監督「再度、世界一にチャレンジ」 2/3] - スポーツナビ、2015年4月15日</ref><ref name="jyunbi1"/>。
 
[[ロンドンオリンピック (2012年) バレーボール世界最終予選|世界最終予選]]をギリギリ通過し計2選手を入れ替えて(岩坂と平井が脱落)臨んだ[[2012年]]の[[2012年ロンドンオリンピック (2012年) におけるバレーボール競技|ロンドン五輪]]には、相手のデータ分析をかく乱するため、選手12人中10人の[[背番号#バレーボール|背番号]]を変更した<ref>[http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2012/07/29/kiji/K20120729003782341.html 日本女子“奇策”で圧勝 88年ソウル以来の白星スタート] - スポニチ、2012年7月29日</ref>。日本は{{Bronze3}}銅メダルを獲得した(五輪で28年ぶりとなるメダル獲得)。
 
[[日本バレーボール協会|JVA]]は五輪後改めて次の全日本監督を公募で決める予定だったが、女子は撤回。眞鍋への続投要請決定が9月29日に判明<ref>[http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2012/09/30/kiji/K20120930004227891.html バレー女子日本代表 真鍋監督への続投要請決定] - スポニチ、2012年9月30日</ref>、10月3日に代表監督再任が正式決定した<ref Name=sainin>[http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2012/10/04/kiji/K20121004004254101.html チーム真鍋”でリオの金目指す! 4コーチも続投へ] - スポニチ、2012年10月4日</ref>。眞鍋は「リオデジャネイロオリンピックで金メダルを目指す」と意気込みを語った<ref Name=sainin/>。
 
; リオ五輪出場決定
2016年5月の[[2016年リオデジャネイロオリンピックバレーボール競技 女子世界最終予選兼アジア予選|リオデジャネイロ五輪世界最終予選]]では従来と同様に<ref>[http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/otherballgame/2012/05/19/post_72/index3.php 登録メンバー発表、五輪最終予選でカギを握る試合は? 3/3] スポルティーバ 公式サイト、2012年5月19日</ref>、最後の最後で落選したメンバーをチームに帯同させた<ref name="line"/><ref>[http://www.tbs.co.jp/volley-oqt/bankisha_w/2016051415.html 2016年5月14日(土) 18人で切符を掴む] - TBS 女子 バンキシャ日記</ref>。全勝通過を口にしてプレッシャーで苦戦した[[2012年ロンドンオリンピック (2012年) バレーボール競技・世界最終予選|4年前]]を教訓に、今回はとにかく出場権獲得を目標として大会に臨んだ<ref>[http://www.sanspo.com/sports/news/20160509/vol16050913350001-n1.html 「とにかく切符を取る」 最終予選に臨む全日本女子が会見/バレー] - サンスポ、2016年5月9日</ref>。韓国に敗れた<ref name="naniga"/>翌4日目の[[バレーボールタイ王国女子代表|タイ]]戦では第2セットで<ref>[http://blog.fujitv.co.jp/vabonetnews/E20160519001.html リオ五輪世界最終予選 タイ戦後のコメント] - バボちゃんネットニュース、2016年5月19日</ref><ref>[http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/sports/news/CK2016051902000166.html 日本女子、タイに奇跡的逆転勝ち あと3点で敗戦から巻き返した] - 中日スポーツ、2016年5月19日</ref>、先発だった[[荒木絵里香|荒木]]を含めてロンドン五輪の生き残り4人{{Refnest|group="注"|12人のうち6人が引退または休業([[狩野舞子]])。[[新鍋理沙]]は2016年は日本代表入りせず。[[江畑幸子]]は最後の18人に残ったが今回の14人入りは果たせずチームに帯同した<ref name="line">[http://www.nikkansports.com/sports/news/1649522.html 日本8連続得点で大逆転 LINE効果で五輪へ前進] - 日刊スポーツ、2016年5月19日</ref>。}}を全員まとめてスタートから投入<ref>[http://web.archive.org/web/20160521073714/http://www.hochi.co.jp/sports/ballsports/20160519-OHT1T50018.html サオリン涙の大逆転劇…最終セット6―12から8連続得点でリオへ前進] - スポーツ報知、2016年5月19日</ref><ref>[http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache%3AuZo4pk119LQJ%3Ahttp://hl.auone.jp/article/detail?genreid=2&subgenreid=6&articleid=KTT201605182421 ロンドン組そろい激戦制す バレー女子、リオに望み] - 朝日新聞社、2016年5月18日 23時51分([http://archive.is/3sLqh アーカイブ<!-- http://www.asahi.com/articles/ASJ5L5JB1J5LUTQP01V.html 元記事-->])</ref><ref>[http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/otherballgame/2016/05/19/post_570/index2.php サオリン&さおりが泣いた。タイ戦の大逆転劇を生んだメダリストの底力 2/4] - スポルティーバ 公式サイト、2016年5月19日([[松瀬学]])</ref><ref>[http://www.daily.co.jp/general/2016/05/19/0009098647.shtml 迫田、途中出場でチーム最多24得点] - デイリースポーツ、2016年5月19日</ref><ref>[http://www.jva.or.jp/index.php/topics/20160518-2 フルセットの末、タイに勝利 2016リオデジャネイロオリンピック世界最終予選兼アジア大陸予選大会] - 日本バレーボール協会、2016年5月18日</ref>(リベロを除く他の2人は[[石井優希]]とセッター[[宮下遥]]<ref>[http://www.fivb.org/vis_web/volley/W1WOQT16/W1WOQT16_p2-016.pdf Japan-Thailand Match Results (P2)]</ref>)。結果は、フルセット6-12からの大逆転勝利となった。6日目終了時点でセット率によって(最終的にはアジア最上位で通過)、ロンドンから続けて五輪出場を決めた<ref>[http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160521/k10010530251000.html バレーボール日本女子 リオ五輪出場決定] - NHKニュース、2016年5月21日</ref>。
 
このメンバーを含め19人から五輪本戦に臨む12人を選ぶと明言し<ref name="jiku">[http://topics.smt.docomo.ne.jp/article/sportiva/sports/sportiva-0000057912 <!-- http://news.livedoor.com/article/detail/11563577/ -->セッター宮下、リベロ佐藤。2人がメダル獲りの軸になる] - webスポルティーバ、2016年5月25日</ref>、6月の[[2016年FIVBバレーボール・ワールドグランプリ|ワールドグランプリ]]では当落線上の選手も試した。結果的には、全員が最終予選に出た選手(引き続き「ディフェンス力」重視で<ref>[http://www.hochi.co.jp/sports/ballsports/20160513-OHT1T50207.html 座安、配置転換でリベロ3人…女子五輪最終予選] - スポーツ報知、2016年5月14日</ref>座安が当選し丸山・古賀は落選)となった。スタッフとも何十回も議論を重ねた<ref name="jyunbi2">[http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201606270008-spnavi?p=2 眞鍋「日本オリジナルの戦術を準備する」女子バレー リオ五輪メンバー発表会見 2/2] - スポーツナビ、2016年6月27日</ref>選考で、最も重視したポイントは目に見えない力も踏まえて「チームワーク」とも眞鍋は語った<ref name="jyunbi1">[http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201606270008-spnavi 眞鍋「日本オリジナルの戦術を準備する」女子バレー リオ五輪メンバー発表会見 1/2] - スポーツナビ、2016年6月27日</ref>。8月の[[リオデジャネイロオリンピックバレーボール競技 女子トーナメント|本戦]]では「前回よりもいい色のメダル獲得」を目指したが、準々決勝でアメリカに敗れた<ref>[http://stg-fcs2.sp2.fujitv.co.jp/sportColumn.php?cKey=10&tKey=3081 初戦は韓国!木村沙織「ガツガツした試合になる」] - フジすぽ フジテレビ</ref>。
* [[バレーボール全日本男子|全日本代表]] - 1985-2003年
* 全日本代表としての主な国際大会出場歴
** [[オリンピックバレーボール競技|オリンピック]] - 1988年
** [[バレーボール世界選手権|世界選手権]] - 1986年、1990年、1998年
** [[バレーボールワールドカップ|ワールドカップ]] - 1985年、1989年、1995年
{{2016年オリンピックバレーボール全日本女子}}
}}
{{Normdaten|VIAF=260669165|NDL=01230073}}
{{DEFAULTSORT:まなへ まさよし}}
[[Category:日本の男子バレーボール選手]]