「ローカル線」の版間の差分

m
→‎概要:  50音順への並べ替え
(→‎ローカル線と観光: トロッコ列車はわ鐵に限らない)
m (→‎概要:  50音順への並べ替え)
== 概要 ==
[[日本語]]でのローカル線は、閑散線区や旧[[日本国有鉄道|国鉄]]の[[赤字83線]]など、[[輸送量の単位|輸送量]]の少ない線区や航路に対して用いられる。ここでの「[[ローカル]]」という言葉は、局所という意味ではなく「[[田舎]]」などを示す[[俗称]]である<ref>[[英語]]の「[[ローカル]]」(Local) は「[[地方]]」や「局所」など「狭い範囲の場所」という意味しか持っておらず、「[[都市]]」に対する「[[田舎]]」を表すものでも無ければ、「[[過疎]]」の意味合いも無い。都市も一つの地方であるため、「[[首都]]」でさえ「ローカル」である。都市に対する田舎を表すには、「[[:en:Rural area|Rural area]]」や「Provincial」を用いる([http://ja.wiktionary.org/wiki/local ウィクショナリー local])。</ref>。
このため、一日の平均[[乗降人員#通過人員|通過人員]]が100万人を超える「[[山手線]]」([[品川駅|品川]] - [[新宿駅|新宿]] - [[田端駅|田端]]間)<ref>[http://www.jreast.co.jp/rosen_avr/pdf/2009_2013.pdf 線路別ご利用状況(2009~2013年度)] - [[東日本旅客鉄道|JR東日本]](2015年2月14日閲覧)</ref>は局所<ref>[[鉄道要覧]]での山手線は、西側の山手線に、東側の[[東海道本線]]と[[東北本線]]を合わせた路線であるが、東海道や東北方面との間に[[直通運転|直通列車]]は無く、運転が[[環状運転|環状線]]内のみで完結しているため。</ref>であるがローカル線とは呼ばれない。一方、長大で複数の[[生活圏]]・[[文化圏]]にまたがる[[田線]]、[[飯田芸備線]]、[[芸備山田線]]などはローカルの範囲を超えることになるがローカル線という認識である<ref>このうち飯田線には全線を通して運転される列車がわずかにあるが、多くの長大路線ではそれぞれの地域の中核駅を中心としていくつかのブロックに分けた運転形態が採られており、線名は一つでも、実質は複数のローカル線の集合体となっている。</ref>。
 
日本での通例でのローカル線は、鉄道では[[JR]]の[[地方交通線]]が代表的ではあるが、これに含まれない線区でも過疎地を通るため、または[[新幹線]]の[[並行在来線]]区間のように元々主体であった長距離輸送が新幹線に移って地域輸送の区間列車のみとなった路線・線区や、地方交通線でも都市[[近郊]]部で[[通勤]]路線として機能している例もあり、その線引きは難しい。旧国鉄時代に利用者が少なく地方交通線に分類されたものの、JR化以降に利用者が増加した路線もある。
33

回編集