「秘跡」の版間の差分

編集の要約なし
m (Removing Link GA template (handled by wikidata))
編集の要約なし
'''秘跡'''(ひせき、{{lang-el-short|μυστηριον}}、{{lang-la-short|sacramentum}}、{{lang-en-short|sacrament}}, '''[[サクラメント]]''')は、[[カトリック教会]]の用語で、「[[イエス・キリスト]]によって制定され、教会にゆだねられた、[[神の恵み]]を実際にもたらす感覚的しるし」のこと<ref name="Compemdium 137">[[カトリック教会のカテキズム]]より。(『カトリック教会のカテキズム 要約(コンペンディウム)』137頁、カトリック中央協議会 ISBN 978-4-87750-153-2 )</ref>。かつては「秘蹟」とも書かれていた。[[キリスト教]]の他の[[キリスト教諸教派の一覧|教派]]にも相当するものがあるが、日本では教派によって訳語が異なる。
日本[[カトリック教会]]の用語で、[[キリスト]]の神秘を目に見える形で現在化する儀礼「サクラメント」の訳語。「[[イエス・キリスト]]によって制定され、教会にゆだねられた、[[神の恵み]]を実際にもたらす感覚的しるし」のこと<ref name="Compemdium 137">[[カトリック教会のカテキズム]]より。(『カトリック教会のカテキズム 要約(コンペンディウム)』137頁、カトリック中央協議会 ISBN 978-4-87750-153-2 )</ref>。かつては「秘蹟」とも書かれていた。
 
秘跡(サクラメは、[[プロテスタント]]で「'''[[聖礼典]]・聖礼典'''(れいてん、せいれいてん)」、[[正教会]]では「'''[[機密 (正教会)|機密]]'''(きみつ)」、[[聖公会]]では「'''聖奠'''(せいてん)」、[[プロテスタント]]では「'''[[礼典]]・聖礼典'''(れいてん、せいれいてん)」などと言い邦訳し日本では教派によって訳語もその意味も異なっていること場合がある。
[[Image:Seven Sacraments Rogier.jpg|thumb|380px|七つの秘跡 [[ロヒール・ファン・デル・ウェイデン]]画 1448年]]
{{Main|サクラメント}}
 
[[Image:Seven Sacraments Rogier.jpg|thumb|380px|七つの秘跡 [[ロヒール・ファン・デル・ウェイデン]]画 1448年]]
秘跡(サクラメント)は、[[正教会]]では「'''[[機密 (正教会)|機密]]'''(きみつ)」、[[聖公会]]では「'''聖奠'''(せいてん)」、[[プロテスタント]]では「'''[[礼典]]・聖礼典'''(れいてん、せいれいてん)」などと言い、意味も異なっていることがある。
 
 
 
==概説==
==諸派におけるサクラメント==
一口にキリスト教といっても、教派によって秘跡([[サクラメント]])の数や意味についての理解・解釈は異なっている。[[西方教会]]においては、サクラメントの基本はカトリック教会が伝統的に認めてきた上記の七つであるが、宗教改革以降の諸派では、サクラメントの数や名称、理解などが教派によって異なっている。また[[東方教会]]の中では上記以外のものもサクラメントとみなすものもある。しかし、ほとんどの教派でサクラメントを[[イエス・キリスト]]に直接由来するものとして考えていて、カトリック教会が伝統的に認めてきた七つの秘跡は、次に説明するように正教会や東方の諸教会とも項目の対応関係がとれている。
 
===プロテスタント===
{{main|礼典}}
プロテスタント教会の多くは「洗礼」と「聖餐」のみを礼典として認めていることが多い。これは宗教改革において「キリスト教のすべてを聖書にもとづいて見直す」という動きが起きたときに、洗礼と聖餐のみは[[新約聖書]]に記述があり、イエス・キリストに真に由来するものであると考えられたからである。他の五つの秘跡は聖書に根拠がないとして廃止されていった。プロテスタントでも結婚式や聖職者の按手を行っているが、それらは秘跡とはみなされていない。<ref>プロテスタントの動きを受けてカトリック教会でも[[トリエント公会議]]で秘跡の意味と起源についての再確認がおこなわれたが、七つすべてが新約聖書に論拠があるものとされ、七つの秘跡の伝統が保持された</ref>。ほかにも[[アナバプテスト]]に由来するあるグループでは、[[洗足式]]も教会が行うべきものとみなしている。
 
===正教会===
===聖公会===
[[聖公会]]においては、[[サクラメント]]の数はカトリック教会と同様に七つであるが、その概念はやや異なる。伝統的に洗礼と[[聖餐]]は福音に論拠があり、救いにかかわるもっとも重要なサクラメント(聖奠)として扱われる。洗礼と聖餐以外の五つは、より重要度の低いものとみなしている。
 
===プロテスタント===
{{main|礼典}}
プロテスタント教会の多くは「洗礼」と「聖餐」のみを礼典として認めていることが多い。これは宗教改革において「キリスト教のすべてを聖書にもとづいて見直す」という動きが起きたときに、洗礼と聖餐のみは[[新約聖書]]に記述があり、イエス・キリストに真に由来するものであると考えられたからである。他の五つの秘跡は聖書に根拠がないとして廃止されていった。プロテスタントでも結婚式や聖職者の按手を行っているが、それらは秘跡とはみなされていない。<ref>プロテスタントの動きを受けてカトリック教会でも[[トリエント公会議]]で秘跡の意味と起源についての再確認がおこなわれたが、七つすべてが新約聖書に論拠があるものとされ、七つの秘跡の伝統が保持された</ref>。ほかにも[[アナバプテスト]]に由来するあるグループでは、[[洗足式]]も教会が行うべきものとみなしている。
 
==脚注==