「秘跡」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
'''秘跡'''(ひせき、{{lang-el-short|μυστηριον}}、{{lang-la-short|sacramentum}}、{{lang-en-short|sacrament}}, '''[[サクラメント]]''')は、
日本[[カトリック教会]]の用語で、カトリック教会で執り行われる[[キリスト]]の神秘を目に見える形で現在化する特別な儀礼「サクラメント」の訳語。で、「[[イエス・キリスト]]によって制定され、教会にゆだねられた、[[神の恵み]]を実際にもたらす感覚的しるし」のこと<ref name="Compemdium 137">[[カトリック教会のカテキズム]]より。(『カトリック教会のカテキズム 要約(コンペンディウム)』137頁、カトリック中央協議会 ISBN 978-4-87750-153-2 )</ref>。かつては「秘蹟」とも書かれていた。
 
秘跡は、[[プロテスタント]]では「'''[[聖礼典]]・聖礼典'''(れいてん、せいれいてん)」、[[正教会]]では「'''[[機密 (正教会)|機密]]'''(きみつ)」、[[聖公会]]では「'''聖奠'''(せいてん)」などと邦訳し、日本では教派によって訳語もその意味も異なっている場合がある。