「サズ」の版間の差分

編集の要約なし
 
{{no footnotes|date=2013年11月}}
[[ファイル:Tamburasaz-Baglamasaz.jpg|right|200px|thumb|サズ]]
'''サズ'''(Saz)は、[[イランペルシア]]・[[アゼルバイジャン]]・[[トルコ]]・[[バルカン半島]]諸国で一般的な、長いネックを持つ[[リュート]]属の[[撥弦楽器]]である。[[ブズーキ]]と同様に古代ギリシアの[[パンドゥーラ]]の子孫の1つで、主にアゼルバイジャンとトルコ国民音楽で用いられる。14~15世紀にアゼルバイジャンで生まれたアーシグというジャンルの音楽で用いられる。(アーシグ 「Aşıq」 という吟遊詩人は、サズを携えて、色々な所を旅し、即興で主に故郷への愛をテーマにした歌を歌う)。同族の楽器に[[ブルガリア]]の[[タンブーラ]]、[[クロアチア]]の[[タンブリッツァ]]がある。
 
== 形状 ==
10

回編集