「嵐璃寛 (3代目)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
旅役者の生島岩五郎の子として生まれる。当初は父岩五郎と共に旅芝居に出ていたが、のちに[[尾上多見蔵 (2代目)|二代目尾上多見蔵]]門下となって尾上和三郎と名乗り、[[文政]]10年(1827年)春に京の宮地芝居に若[[女形]]として出る。[[天保]]元年(1830年)には[[嵐璃寛 (2代目)|二代目嵐璃寛]]門人となり、三代目[[嵐徳三郎]]を襲名。以後女形として二代目璃寛の相手役を勤め、美しい女形という評判を取った。天保5年(1834年)11月に嵐橘蝶と名乗るが、同8年6月に師匠の璃寛が死去したのを受け、再び徳三郎を名乗る。天保10年(1839年)以降は[[立役]]も手がけるようになり、天保14年(1843年)11月、大坂大西芝居で三代目[[嵐璃寛]]を襲名した。
 
当り役は『[[小野道風青柳硯]]』の小野道風、『[[双蝶々曲輪日記]]』の濡髪長五郎、『[[妹背山婦女庭訓]]』のお三輪など。[[上方]]や江戸の舞台で活躍し、口跡がよく若女形、立役を得意としたが、女形の役のほうが評判はよかったという。享年52。実子に[[嵐璃寛 (4代目)|四代目嵐璃寛]]がいる。映画『[[鞍馬天狗 (小説)|鞍馬天狗]]』で名を馳せた[[嵐寛寿郎]]は子孫に当たる<ref>寛寿郎の祖母が三代目璃寛の孫娘であった。竹中労著『鞍馬天狗のおじさんは 聞書アラカン一代』(『ちくま文庫』、2001年)参照。</ref>。
 
== 脚注 ==
 
== 参考文献 ==
* 俳優堂夢遊 『俳優世々の接木』〈『演劇文庫』第1編〉 演芸珍書刊行会、1914年 ※[{{NDLDC|948795}} 国立国会図書館デジタルコレクション]に本文あり。149コマ目。
* 野島寿三郎編 『歌舞伎人名事典』(新訂増補) 日外アソシエーツ、2002年
 
[[Category{{デフォルトソート:江戸時代の歌舞伎役者|あらしりかん3]]}}
[[Category:1812年生|あらしりかん3江戸時代の歌舞伎役者]]
[[Category:18631812没|あらしりかん3]]
[[Category:1863年没]]