「アズテック・カメラ」の版間の差分

導入部、略歴、ジャンル
(導入部、略歴、ジャンル)
| Background = group_or_band
| Origin = {{SCO}}<br/>[[グラスゴー]]
| Genre = [[ネオアコ|ネオ・アコースティック]]<br/>[[ギターポップ]]<br/>[[オルタナティヴ・ロック]]<br/>[[インディー・ロック]]<br/>[[ポストパンク]]
| Years_active = [[1980年]] - [[1995年]]
| Label = [[ポストカード・レコード]]<br/>[[サイアー・レコード]]<br/>[[ワーナー・ブラザース・レコード]]
| Current_members =
}}
'''アズテック・カメラ'''('''Aztec Camera''')は、[[1980年]]に[[スコットランド]]の[[グラスゴー]]近郊のイースト・キルブライド出身ので、ロディ・フレイムを中心としに結成されグル[[ニュ・ウェーヴ (音楽)|ニュー・ウェーヴ]]・バンド今まで[[1981年]][[インディーズ]]のポストカード・レコードからデビューした後、6枚のオリジナル・アルバムを発表し、98。[[1998]]からはロディ・フレイムのソロ名義で34枚のアルバムを発表している。おり、最新作はロディ・フレイム名義での"Western『Seven Skies"Dials』
 
日本においては、ペイル・ファウンテンズや、オレンジ・ジュース、ブルー・ベルズ、[[エブリシング・バット・ザ・ガール]]等と共にネオ・アコースティック・サウンド([[ネオアコ]])の中心的核をなすグループと位置付けられており、[[ギターポップ]]的な指針を示した最も大切なグループの一つである。[[フリッパーズ・ギター]]等彼らから多大な影響を受けたものとされている。
 
== 略歴 ==
アズテック・カメラは1980年、[[スコットランド]]のイースト・キルブライド出身で当時1716歳のロディ・フレイムが中心となり、スコットランドで結成された。その後1981年、[[グラスゴー]]のレーベルである「ポストカード」から「just like gold」をリリースした。
 
そして1983年、[[ラフトレード・レコード|ラフトレード]]と契約した彼らはファーストアルバムhigh land, hard rainを発表した。
1984年、メジャーの[[ワーナー・ミュージック・グループ|WEA]]に移籍したアズテック・カメラは2作目のknifeをリリースする。
 
その後は音楽性を少しずつ変えつつ、数枚のアルバムをリリースする。
104

回編集