「沼田町 (広島市)」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎交通: 第一タクシーをフォーブルへ変更)
東は火山、北西は岳山、南側は武佐伯郡に接する。奥畑川、細坂川が、南に流れる大塚川と西に流れる安川となっている。古の土茂鄕。伴は、中世に一時、安の庄に入っていた時期があり、長楽寺記に安の庄伴村との記載されている。大塚は佐西と佐東郡の境にあたり、郡の境塚<ref>塚は、土を築き高くしたところ。</ref>が在ったことから大塚と称され<ref>関所が設けられていた。</ref>、もとは伴村の地であったと云われる。また、[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]、大塚村は[[厳島社|厳島]]領であったが、武田氏一族の武田伴遠江五郎の押領により自領とした。
 
伴氏は、安芸武田氏の一族で[[室町時代]]初期は武田氏、武田伴と名乗っていたが、南北朝頃分家し伴氏と名乗るようになったものと思われる。この頃、伴に伴城(伴五郎信方の居)、國重城(武田右衛門大夫信恒の居)、阿戸に岳城<ref>山城、多計城、嶽城跡、嶽山古城とも呼ばれる。</ref>(武田弾正)が、大塚に岸城<ref>西カ城とも呼ばれる。</ref>(大塚四朗兵衛の居)があった。
 
伴村 大塚村は、[[江戸時代|江戸期]]からの村名で、[[安芸国]]沼田郡(もと佐東郡)に属する、[[廃藩置県]]後[[1888年]](明治21年)まで、広島県沼田郡伴村 大塚村。[[1889年]](明治22年)大合併<ref>[http://www.soumu.go.jp/gapei/gapei2.html 市町村数の変遷と明治・昭和の大合併の特徴]</ref>時、2村が合併し沼田郡伴村となる。
* 中ノ森八幡神社 - [[八幡神]]を祀る。[[弘治 (日本)|弘治]]元年三宅飛騨守創立と云う。
* 山御前阿刀明神社 - [[天照大神]]、宗方三女神を祀る。
* 専念寺 - 神宮山と號す。[[元文]]元年須の開基。[[寛永]]7年、寺號免許。[[浄土真宗本願寺派|浄土真宗]]。
* 願行寺 - 東岸山と號す。もとは[[天台宗]]で、傳弘寺と称す。後に、[[浄土真宗本願寺派|浄土真宗]]となり、[[安永]]4年に今のほ號に改める。[[段原]]にあったが、明治38年に現在地に移った。
* 正善寺 - 日照山と號す。もとは[[禅宗]]で、浄國寺と云う。[[永禄]]5年改宗し號を改めた。
匿名利用者