メインメニューを開く

差分

== 家老 ==
=== 会津松平家時代 ===
会津藩では家老を出す家柄を三家(北原、内藤、田中)、六家(簗瀬、西郷、高橋、小原、井深、三宅+梶原)と呼称する。
*[[西郷氏#三河西郷氏|西郷氏]](1700石・藩主一門・筆頭家老) 称:保科姓
 
===三家 ===
*北原氏(北原妥女家 2800石)北原光次は保科正光、正之に仕えた。一説に正光の庶子といわれる。
*[[内藤氏]](内藤介右衛門家 2200石)内藤昌月の孫の自卓は、保科正之に仕えた。子孫は武川氏を名乗り、後に本家は内藤氏を名乗る。当主の通称は源助、介右衛門。
*田中氏(田中三郎兵衛家 会津藩内2000石)
:[[田中正玄]]…[[田中玄宰|玄宰]]…玄良-[[田中玄清|玄清]]
 
===六家===
*簗瀬氏(梁瀬三左衛門家 2200石)梁瀬正真(柳瀬正真)は元[[最上家]]家臣で、最上家改易後に正之に仕えた。
*[[西郷氏#三河西郷氏|西郷氏]](1700(西郷頼母家 1700石・藩主一門・筆頭家老) 称:保科姓
:保科正勝([[保科正俊]]の次男)
:-正近-正長=[[西郷近房]]([[西郷元次]]の次男・正近の外孫)
:近方-近張-近致=近義-近寧-[[西郷近光|近光]]-[[西郷近思|近思]]-[[西郷頼母|保科近悳(西郷頼母)]]=[[西郷四郎]](会津藩士・志田貞二郎の三男)
*高橋氏(高橋外記家 1300石)元[[鳥居忠政]]の家臣で、鳥居家改易後に正之に仕える。
*田中氏(会津藩内2000石)
*小原氏(小原五郎右衛門家 1200石)小原俊胤は保科正俊の娘を娶り保科家に仕えた。俊胤の曾孫の光俊は正之に仕える。
:[[田中正玄]]…[[田中玄宰|玄宰]]…玄良-[[田中玄清|玄清]]
*井深氏(井深茂右衛門家 1000石)井深重吉は保科家譜代の家臣で、[[甲州征伐]]の際に[[武田勝頼]]の人質となっていた保科正光を救出した。孫の重光は正之に仕える。
*[[神保氏]](重臣)
*三宅氏(三宅孫兵衛家 1400石)三宅重直は元鳥居忠政の家臣で、鳥居家改易後に正之に仕える。
*梶原氏(梶原平馬家 1000石)甲斐武田家の浪人だった梶原景信は貧しく親を養えず、弟にキリシタンだと嘘の訴えをさせ報奨金を得ようとした。この評判を聞いた正之に召抱えられる。
 
 
*[[神保氏]](重臣)徳川家に仕えた[[神保氏張]]の子長利は、上杉家、最上家、鳥居家に仕えた後に正之に仕えた。幕末の神保利孝(神保内蔵助)は子孫。
:[[神保内蔵助]] - [[神保修理|修理]]
*[[横山氏]] 横山常定は元本多家家臣で、九・六騒動により浪人して会津藩に仕えた。常定の娘[[栄光院 (松平正容継室)|栄光院]] が、3代藩主正容の寵愛を受けたため横山家も取り立てられた。
*[[横山氏]]
:横山常元=[[横山常守#父・常徳|常徳]](横山常明の二男・常元の甥)=[[横山常守|常守]](常徳の養子・常道の遺子)
 
5,533

回編集