「立木」の版間の差分

→‎日本法における立木: 土地の一筆の説明のある、「筆 (曖昧さ回避)」にリンク。
(→‎日本法における立木: 土地の一筆の説明のある、「筆 (曖昧さ回避)」にリンク。)
== 日本法における立木 ==
 
日本においては、一般に言う立木(たちき)・樹木のうち、[[立木ニ関スル法律]](立木法、りゅうぼくほう)の適用対象となるものを立木(りゅうぼく)と定義している。立木法では、立木とは「[[筆 (曖昧さ回避)|一筆]]の[[土地]]又は一筆の土地の一部分に生立する樹木の集団で、その所有者が本法により所有権保存の[[登記]]を受けたるもの」のことをいうと定義する。
 
立木は土地の定着物であり、[[不動産]]とされる<ref>民法第86条第1項</ref>。原則として、土地の構成部分とされ、独立の取引対象とはならない。しかし、伐採前の立木のまま取引をする慣行があるため、立木法で[[対抗要件]]として立木の登記をすることにより、独立の取引対象となる<ref>立木法第2条第2項および第3項</ref>。また、立木登記がされていなくても、[[明認方法]]をした場合にも、独立の取引対象となる。
4,063

回編集