「弘忍」の版間の差分

編集の要約なし
|諡号=大満禅師
|尊称=禅宗第五祖
|生地=黄梅県([[湖北省蘄州]][[黄梅県]]
|没地=
|画像=[[File:Hongren.jpg|250px]]
|説明文=
|宗派=[[禅宗]]
|寺院=茂山(東山)
|師=[[道信]]
|弟子=[[神秀]]、[[慧能]]
'''弘忍'''(ぐにん/こうにん、[[602年]]([[隋]]・[[仁寿 (隋)|仁寿]]2年) - [[675年]]([[唐]]・[[上元 (唐高宗)|上元]]2年))は、[[中国]][[禅宗]]の五祖。没後に[[代宗 (唐)|代宗]]の時代になって、大満禅師の[[諡|諡号]]と、法雨塔の塔号を賜る。
 
[[蘄州]]黄梅県([[湖北省]][[黄岡市]][[黄梅県]])出身(『[[宋高僧伝]]』では、あるいは淮左[[江州 (江西省)|江州]]潯陽([[江西省]][[九江市]][[柴桑区]])の出身という)で、俗姓は周。
 
== 生涯 ==
若年で出家し、12歳(『[[楞伽師資記]]』では7歳)で東山の四祖[[道信]]の弟子となり、後に黄梅県の茂山(東山)に住して化導に専心し、中国禅宗の本流となる'''[[東山法門]]'''を発展させ、中国禅宗発展の下地を作った。『[[続高僧伝]]』にも既に、師の道信の墓塔を造った弟子として、その名が見える。『[[伝法宝紀]]』や『[[楞伽人法志]]』による限りでは、弘忍は道信の下で肉体労働もした朴訥な人柄であり、文記を出す事がなかったといわれるが、彼の説とされる『[[修心要論]]』があり、晩年には国都の多くの貴顕が帰依したと伝えられる。
 
弟子に両京の法主となる大通[[神秀]]、後に自らが七祖になろうと画策した弟子の[[荷沢神会]]により六祖にされた曹渓[[慧能]]がいる。それぞれの門流は後に北宗、南宗と呼ばれ、[[唐|唐代]]・[[北宋|宋代]]を中心に禅宗を発展させた。
匿名利用者