「蚊取線香」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
== 材料・薬効 ==
[[ファイル:Tanacetum cinerariifolium1.jpg|thumb|初期の蚊取り線香では、花から取られる天然成分の[[ピレトリン]]が利用された。[[シロバナムシヨケギク|除虫菊]]の胚珠部分にピレスロイドが含まれている。また、健康志向の観点から今でも天然成分のピレトリンのみを使った蚊取り線香は数多く存在している]]
原料は粕粉(除虫菊の地上部分を半年間乾燥させたもの)、[[タブノキ|タブ粉]]、[[でんぷん]]、[[ピレスロイド]](除虫菊に含まれる有効成分)、[[染料]]など。粉末状、棒状、[[渦巻き|渦巻]]状などに成形される。色は緑色がほとんど。一般には6 - 7時間燃焼するものが多いが、燃焼時間2 - 3時間程度の小巻の物や12時間程度燃焼するものもある。
 
使用するには先端に着火し、最初に出る炎を吹き消して燠(おき)の状態にする。このようにすると[[不完全燃焼]]によって煙が立ちのぼるようになる。この煙そのものに[[カ|蚊]]を殺す効果があると思われがちだが、実際には燃焼部分の手前で高温により揮発する化学物質(ピレスロイド)に殺虫作用がある(煙と異なり目には見えず、周囲に拡散して殺虫効果を生じさせている)。今日、一般には化学的に合成したピレスロイドが主に使われている。除虫菊の代わりに[[レモングラス]]の成分などを使用した製品もあるが、そちらには忌避効果はあるものの殺虫効果はない。蚊取り線香メーカーによっては煙の少ないもの(逆に野外作業用で羽虫が嫌う煙の多いものもある)、花の香料([[ビャクダン]]や[[バラ]]他)や果物の香料を練りこませたものも発売している。人間以外に[[ペット]]用や、畜舎で使用する畜産用の大型などもある。