「トビムシ目」の版間の差分

生活史を新設
(生活史を新設)
'''トビムシ目'''(トビムシもく; Collembola)は、原始的な[[昆虫]](とみなされている)の群である。よく飛び跳ねるものが多いので、この名がある。森林[[土壌]]中では平方メートルあたり数万個体と極めて高い密度に達する。
 
== 特徴形態 ==
トビムシ目は、原始的な[[昆虫]]の1つの群と見なされている。基本的な構造には昆虫と共通する点が多いからであるが、跳躍器や粘管などの独特の器官をもち、触覚に筋肉があるなど特異な特徴をもつ。このため昆虫綱にいれるべきかどうかという点については議論がある。近年は分子的手法による系統推定により、トビムシ目よりも甲殻綱のほうが有翅昆虫に近縁であるとする研究者もいる。
 
変態せず、脱皮を繰り返して成長する。成熟後も脱皮を繰り返す。多くの場合、年多化であり温帯では年間3-6世代が経過する。
 
様々な形のものがあり、例外は多いが、一般には長い[[触角]]を持ち、体は細長く、[[胸部]]3節には各1対、計3対の足がある。これらの点は、昆虫の標準的な構造である。特殊な点としては、通常の昆虫では腹部に11の体節があるのに対して、トビムシでは6節しかない。また腹部下面にはこの目の旧名の元になった腹管(粘管)という管状の器官がある。これは体内の浸透圧を調整する機能を持つといわれている。また、腹部末端には2又になった跳躍器官がある。この器官は叉状器と呼ばれ、普段は折り曲げて腹部下面に寄せられ、腹面にある保持器によって引っかけられている。これがはずれると筋肉の収縮によって叉状器が伸び、トビムシは大きくはねる。
*マルトビムシ科は、丸っこい頭と膨らんだ腹部をやや幅の狭い胸部でつないだ形で、触角、足、又状器は長め。体節が違いに融合している。
 
== 生活史 ==
交接は行わず、雄は土の表面に精包を置き、雌がそれを拾い上げることで受精が行われる。
変態せず、脱皮を繰り返して成長する。成熟後も脱皮を繰り返す。多くの場合、年多化であり温帯では年間3-6世代が経過する。一部に夏季の乾燥を避けるために夏眠をする種もおり、これは年一化性の種である。
また、交尾を経ないで繁殖する単為生殖を行う種がしられており、深層性の生活を行うものに多い。
 
基本的には交接は行わず、雄は土の表面に精包を置き、雌がそれを拾い上げることで受精が行われる。ただしマルトビムシの一部ではオスが触角をつかってメスの触角をつかみ、後脚を使って直接精包を受け渡すものもある。また、交尾を経ないで繁殖する単為生殖を行う種が知られており、深層性の生活を行うものに多くみられる。
 
== 生息環境 ==
匿名利用者