「利用者:S-alfeyev/sandbox」の版間の差分

 
== 欠点 ==
[[mageimage:A prototype of J7W Shinden.jpg|thumb|長い降着装置を有する[[震電]]]]
[[File:Technoflug Piccolo HB-2130 engine3.jpg|thumb|[[モーターグライダー]]の後部に搭載されたエンジンと畳まれたプロペラ。プロペラは上にずらして設置されベルトで駆動される]]
離陸時の機首上げ動作では地面とプロペラのクリアランスが少なくなるため、地面と接触しないような対策が必要となるが、[[降着装置]]を長くすると重量が増加する。ローリング軸からずらすと上下のバランスが崩れる。単純にプロペラ経を小さくすると推進力が落ちるなどそれぞれデメリットがある。[[震電]]では降着装置を長めに設計していたが、テストでの離陸滑走中、機首を上げ過ぎてプロペラ端を地面に接触させる事故を起こしたため、垂直尾翼の下部に車輪を付けている。
 
7,430

回編集