「桜花 (航空機)」の版間の差分

(→‎九州沖航空戦: 誤字修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(→‎九州沖航空戦: 誤字修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
桜花の初陣は、1945年3月[[九州沖航空戦]]であった。
3月21日までに、通常攻撃と特攻により、[[第58任務部隊]]にかなりの損害を与えていると判断していた第5航空艦隊は{{#tag:ref|実際に空母フランクリンとワスプを大破させ、イントレピッドやエンタープライズやエセックスにも損傷を与えていた。|group="注釈"}}、偵察機が発見した機動部隊に直機が見られなかった事より、損傷艦と誤認しトドメをさす好機到来と判断し、桜花部隊の出動を決めた。
 
しかし、3月18日には164機もあった五航艦の戦闘機も、3日に渡る九州沖航空戦の激戦で損失や損傷や故障が相次ぎ、桜花部隊の護衛の戦闘機は神雷部隊で32機、203空からの応援が23機で合計55機しか準備できなかった<ref>山岡荘八『小説 太平洋戦争(5)』講談社 P.283</ref>。それを知った神雷部隊司令[[岡村基春]]大佐は、援護の戦闘機が少ないことと目標が遠距離であることから中止を五航艦司令部に上申した。五航艦長官[[宇垣纏]]中将は「今の状況で使わなければ使うときがないよ」と言って断行した。当時得られた情報では計画通りの目標であったためである<ref>加藤浩『神雷部隊始末記』p201 - 202</ref>。
匿名利用者