「利用者:S-alfeyev/sandbox」の版間の差分

編集の要約なし
[[File:First flight2.jpg|thumb|推進式を採用した[[ライトフライヤー号]]]]
[[Image:Royal Aircraft Factory FE2b profile.jpg|thumb|[[RAF F.E.2|RAF F.E.2b]]。尾部が枠構造になっている。]]
'''推進式'''('''すいしんしき'''、または'''プッシャー式'''、Pusher configuration)とは、[[航空機]]において[[プロペラ]]や[[ダクテッドファン]]が機体後部に設置されている形式のことで、<ref>Such as Propeller-Driven Sleighs {{cite web |url=http://www.aqpl43.dsl.pipex.com/MUSEUM/TRANSPORT/propsleigh/propsleigh.htm |title=Archived copy |accessdate=2008-09-10 |deadurl=no |archiveurl=https://web.archive.org/web/20110710222219/http://www.aqpl43.dsl.pipex.com/MUSEUM/TRANSPORT/propsleigh/propsleigh.htm |archivedate=2011-07-10 |df= }} or [[Aerosani]]</ref>。プロペラの回転によって生ずる空気の流れは機体を"押し出す"形になる。これに対して[[牽引式 (航空機)|牽引式]](トラクター式、Tractor configuration)では、プロペラが機体前部に設置されるため機体を"引っ張る"形になる。
 
== 概要 ==
[[Image:Royal Aircraft Factory FE2b profile.jpg|thumb|[[RAF F.E.2|RAF F.E.2b]]。尾部が枠構造になっている。]]
初期の航空機の多くは推進式であり、この中には世界初の有人動力飛行を達成した[[ライトフライヤー号]]や、[[ユージン・バートン・イーリー]]によって初めて艦上からの離陸に成功した[[カーチス モデルD]]も含まれている。
 
単発の牽引式では常に主翼や垂直尾翼にプロウォッシュ(螺旋状の気流)が当たり効率が落ちることに加え、垂直尾翼が気流で押されて機首が左に向く現象が発生し<ref name=Propeller_Effects304_307 />低速時に出力を上げると[[ピッチ]]と[[ヨー]]の制御に強く影響する<ref>[http://www.cfijapan.com/study/html/to199/html-to125/107e-3_slipstream.htm Basic Aerodynamics Term 基本的な航空力学の用語]</ref>ため、離陸時にはバランスを取るための当て舵操作が必要となり<ref name=Propeller_Effects304_307 />、垂直尾翼を[[ローリング|ローリング軸]]から僅かに傾けて取り付ける、エンジンのプロペラ軸を僅かに右に傾けるなどの調整が行われるが、完全には消えない<ref>[https://alphaaviation.aero/ja/kiji/gakko-kiji/42831]</ref>。推進式では[[ルータン ロング・イージー]]のように[[スリップストリーム]](プロペラ後流)の範囲内に尾翼や胴体が入らない設計の場合、胴体周りに流れるプロウォッシュが発生しない<ref name=Propeller_Effects304_307>The Design of the Aeroplane, Propeller Effects, p304-307</ref>。また[[XB-42 (航空機)]]は
 
機体に[[スリップストリーム]]が当たらない場合は振動が少なくなるため、機内の騒音が軽減される<ref name="AVweb27Apr10">{{cite news |url=http://www.avweb.com/avwebbiz/news/Naples_Targets_Piaggio_Noise_202459-1.html |title=Naples Targets Piaggio Noise |accessdate=13 December 2011 |last=Niles |first=Russ |date=13 December 2011 |work=AVweb}}</ref>。旅客機では大きなメリットであるため[[:en:Embraer/FMA CBA 123 Vector|CBA 123]]や[[ピアッジョ P.180 アヴァンティ]]ではセールスポイントの一つとなっている<ref name="AVweb27Apr10" />。
 
<!--
 
== 欠点 ==
[[image:A prototype of J7W Shinden.jpg|thumb|長い降着装置を有する[[震電]]]]
[[File:Technoflug Piccolo HB-2130 engine3.jpg|thumb|[[モーターグライダー]]の後部に搭載されたエンジンと畳まれたプロペラ。プロペラは上にずらして設置されベルトで駆動される]]
離陸時の機首上げ動作では地面とプロペラのクリアランスが少なくなるため、地面と接触しないような対策が必要となるが、[[降着装置]]を長くすると重量が増加する。ローリング軸からずらすと上下のバランスが崩れる。単純にプロペラ経を小さくすると推進力が落ちるなどそれぞれデメリットがある。[[震電]]では降着装置を長めに設計していたが、テストでの離陸滑走中、機首を上げ過ぎてプロペラ端を地面に接触させる事故を起こしたため、垂直尾翼の下部に車輪を付けている。
 
単発機ではローリング軸より上にずらす設計があり、
 
また[[:en:Technoflug Piccolo|Technoflug Piccolo]]はプロペラをエンジンより上部に配置しドライブベルトで駆動している。
 
主翼にエンジンを設置する多発機では主翼を[[ガル翼]]として地上との距離を稼ぐ設計があり、この形式を採用した[[:en:Piaggio P.166|Piaggio P.166]]は広告でアピールしていた<ref>[https://www.flightglobal.com/pdfarchive/view/1980/1980%20-%202649.html?search=Pusher%20configuration ]</ref>。
 
<gallery>
[[image:A prototype of J7W Shinden.jpg|thumb|長い降着装置を有する[[震電]]]]
File:Technoflug Piccolo HB-2130 engine1.jpg|[[:en:Technoflug Piccolo|Technoflug Piccolo]]の後部にあるエンジンとプロペラ
File:I-FENI-P166-RIAT-3301.JPG|エンジンポッドを[[ガル翼]]で上にずらした[[:en:Piaggio P.166|Piaggio P.166]]
</gallery>
<!--
さらに危険で、実際の運用上懸念されるのが外的要因による損傷([[FOD_(航空用語)|FOD]]:Foreign Object Damage)である。推進式のプロペラ回転域は一般的に
 
プロペラが後ろにあるため単発の戦闘機では、機銃の薬莢や脱出したパイロットが接触する危険性がある。対策として[[震電]]では薬莢を排出せずに機内に回収しプロペラを火薬で脱落させる設計であったが、これらの機構と回収した薬莢の分だけ死荷重が増えることになり、戦闘機では不利となる。ただし戦闘機の高速化により脱出が難しくなったため[[射出座席]]が開発されたことや、牽引式でも尾翼に接触して死亡した事例([[ハンス・ヨアヒム・マルセイユ]])もある。
 
<!--
推進式配置は、墜落事故や不時着の際に乗員・乗客を危険に晒してしまう。仮にエンジンが客室の後方にあった場合、墜落する際にエンジンは慣性に従って前方へ移動して客室内へ侵入し、乗客を死傷させてしまう。逆に客室前方にあれば、エンジンは進路上に飛び出して地面に叩きつけられるか突き刺さるので、乗客にとってはかなり安全であるといえる。
 
==採用機種==
小型機から大型機まで存在するが、[[セスナ]]や[[シーラス]]などの主要なメーカーでは採用されていない。
 
 
[[モーターグライダー]]の
 
単発機でのプロペラ配置は、機体後端([[ルータン ロング・イージー]])と機体上部([[リパブリック RC-3 シービー]]、[[SIAI-マルケッティ FN.333]]、{{仮リンク|コロニアル スキマー|en|Colonial Skimmer}}、{{仮リンク|グッドイヤー ダック|en|Goodyear Duck}}、[[:en:ICON A5|ICON A5]])がある。機体上部に設置する場合、FN.333のように垂直尾翼をプロペラの後部からずらした設計もある。
7,430

回編集