メインメニューを開く

差分

lk調整
[[1988年]]にプロ入り。エルティンは[[1991年]]から[[グランドスラム (テニス)|4大大会]]に挑戦を始め、[[1991年ウィンブルドン選手権|ウィンブルドン]]初出場でシングルス4回戦に進出し、男子テニスツアーのダブルスで年間4勝を挙げた。[[1992年]]から男子テニス国別対抗戦・[[デビスカップ]]の[[オランダ]]代表選手となり、同年6月に[[イギリス]]・[[マンチェスター]]の大会でシングルス初優勝を果たす。キャリアの最初期はいろいろな選手とダブルスのペアを組んだが、[[1993年]]からエルティンはほとんどの大会で4歳年上の[[ポール・ハーフース]]と組むようになった。[[1993年]]4月、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]・[[ジョージア州]][[アトランタ]]大会でシングルス2勝目を挙げる。[[1994年]]からエルティン&ハーフース組は世界の頂点を争うコンビになり、[[1994年全豪オープン|全豪オープン]]と[[1994年全米オープン (テニス)|全米オープン]]で4大大会男子ダブルスの年間2冠を獲得した。2人は全豪オープン決勝で[[バイロン・ブラック]]([[ジンバブエ]])&[[ジョナサン・スターク]]([[アメリカ合衆国|アメリカ]])組を 6-7, 6-3, 6-4, 6-3 で破り、4大大会ダブルス初優勝を飾った。全米オープン決勝では[[マーク・ウッドフォード]]&[[トッド・ウッドブリッジ]]組を 6-3, 7-6 で破り、エルティン&ハーフース組と「ウッディーズ」がダブルスでしのぎを削り始める。ダブルス年間2冠を獲得した[[1994年]]は、シングルスでも年間2勝を挙げ、[[1994年全仏オープン|全仏オープン]]4回戦で[[ウクライナ]]の[[アンドレイ・メドベデフ]]に敗れた。
 
[[1995年]]、エルティンとハーフースは[[1995年全仏オープン|全仏オープン]]男子ダブルス決勝で[[スウェーデン]]ペアの[[マグナス・ラーソン]]&[[ニクラス・クルティ]]組を 6-7, 6-4, 6-1 で破り、3個目の4大大会タイトルを獲得した。[[1995年]]のエルティンはシングルスでも好調で、[[1995年全豪オープン|全豪オープン]]と[[1995年ウィンブルドン選手権|ウィンブルドン]]の2大会でベスト8に入った。これがエルティンの4大大会シングルス自己最高成績である。[[1996年]]、エルティンとハーフースは[[1996年アトランタオリンピックにおけるテニス競技|アトランタ五輪]]の[[オランダ]]代表選手に選ばれた。男子ダブルス準決勝で「ウッディーズ」に 2-6, 7-5, 16-18 で敗れた2人は、準決勝敗退の2組による「銅メダル決定戦」でも[[ドイツ]]代表の[[デビッド・プリノジル]]&マルク=ケビン・ゲルナー組に 2-6, 5-7 で敗れ、オランダ代表としての五輪銅メダルを逃した。この後、2人は[[1996年全米オープン (テニス)|1996年全米オープン]]と[[1997年ウィンブルドン選手権|1997年ウィンブルドン]]の男子ダブルス決勝でも「ウッディーズ」に敗れる。[[1997年]]のウィンブルドン・ダブルス決勝は、2人には初舞台であったが、この時は[[1993年ウィンブルドン選手権|1993年]]からウィンブルドンの男子ダブルス連続優勝記録を続けていた「ウッディーズ」の5連覇を阻止できなかった。ウィンブルドン・ダブルス準優勝の後、エルティンは地元[[オランダ]]・ロスマレン大会を最後に男子ツアーのシングルスから撤退し、その後は専らダブルスのみで活躍した。
 
[[1998年]]、ヤッコ・エルティンは[[1998年全豪オープン|全豪オープン]]・[[1998年全仏オープン|全仏オープン]]・[[1998年ウィンブルドン選手権|ウィンブルドン]]で4大大会男子ダブルス「3連勝」を成し遂げ、ツアーで年間「10勝」を獲得した。[[1998年全豪オープン|全豪オープン]]だけは、パートナーはハーフースではなく、[[スウェーデン]]の[[ヨナス・ビョルクマン]]と組んで地元[[オーストラリア]]の「ウッディーズ」を 6-2, 5-7, 2-6, 6-4, 6-3 で破って優勝している。[[1998年全仏オープン|全仏オープン]]では、エルティンとハーフースは[[ダニエル・ネスター]]([[カナダ]])&[[マーク・ノールズ]]([[バハマ]])組を 6-3, 3-6, 6-3 で破り、3年ぶり2度目の優勝を果たす。そしてついに、2人は[[1998年ウィンブルドン選手権|ウィンブルドン]]男子ダブルスで初優勝を飾り、男子テニス史上4組目の「[[グランドスラム (テニス)|キャリア・グランドスラム]]」を達成した。エルティンとハーフースは、2年連続2度目のウィンブルドン決勝で[[マーク・ウッドフォード]]と[[トッド・ウッドブリッジ]]を 2-6, 6-4, 7-6, 5-7, 10-8 で破り、4時間5分の激戦の末に「ウッディーズ」のウィンブルドン・ダブルス6連覇を阻止した。ところが、2人は4大大会年間最終戦の[[1998年全米オープン (テニス)|全米オープン]]に出場できなくなり、ここでエルティンの男子ダブルス「年間グランドスラム」のチャンスが消えてしまう。年末の男子ツアー最終戦「ATPツアー選手権」(現在の名称は「[[テニス・マスターズ・カップ]]」)で、2人は全仏決勝で破った[[ダニエル・ネスター]]&[[マーク・ノールズ]]組を 6-4, 6-2, 7-5 で破り、5年ぶり2度目の優勝で有終の美を飾った。エルティンは[[1998年]]のシーズンを最後に、28歳で現役を引退した。
162,965

回編集