「利用者:S-alfeyev/sandbox」の版間の差分

牽引式ではプロペラ後流が主翼に当たる部分で揚力が増すため、離陸時に滑走距離を短くできる<ref name=yokuwakaru_188>p188 よくわかる航空力学の基本</ref>が、推進式では主翼に後流が当たらないため恩恵はない。また尾翼に後流が当たらない設計では[[昇降舵]]と[[方向舵]]の効きは牽引式より弱くなる<ref name=yokuwakaru_188 />。
 
単発機で胴体上部にプロペラを設置する場合はプロペラ径を大きくできない<ref name=kore_p184 />が、プロペラ径を小さくすると推進力が落ちるため、プロペラ軸をローリング軸より上にずらしドライブベルトなどで駆動する([[:en:Technoflug Piccolo|Technoflug Piccolo]])、エンジンごとマスト状の構造物に載せる([[:en:Lake Renegade|Lake Renegade]])など高さを稼いだ機体もあるが追加、動力伝達機構にはメンテナンスが必要となり、構造物の分だけ重量と空気抵抗が増加しメンテナンスの必要も増える。
 
主翼にエンジンを設置する多発機で場合には主翼を[[ガル翼]]として地上とエンジン距離位置稼ぐ高くする設計があり、この形式を採用した[[:en:Piaggio P.166|Piaggio P.166]]は広告でアピールしていた<ref>[https://www.flightglobal.com/pdfarchive/view/1980/1980%20-%202649.html?search=Pusher%20configuration ]</ref>。ただしガル翼で高くなるのは片側1カ所であり双発機にしか使えない。
 
動力装置が[[空冷]]式の場合、機体内部に設置すると冷却性能が落ちる<ref name=CT2015_umeda />。空冷エンジンを機体後部に搭載した[[震電]]は胴体両サイド側面から空気を取り入れ、エンジン後方に設置した強制冷却ファンで空気を強制的に導く方式を採用したが、試験飛行では全力を出していないにもかかわらずエンジンの油温が上昇していた。液冷式を採用した[[XB-42 (航空機)]]は試験飛行に成功している。
 
翼面積が同じならば抵抗は牽引式よりも少ないが、プロペラ後流を主翼に当てられないためエンジン出力を上げて揚力を増加する操作ができない<ref name=mu2>[https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsass1953/13/143/13_143_396/_pdf 三菱双発ター坊多用途機 MU-2]</ref>。[[MU-2]]では開発当初推進式プロペラが検討されたが、MU-2の機体サイズでは価格や重量面でメリットが少ないと判断され、牽引式が採用された<ref name=mu2 />。
 
翼面積が同じならば抵抗は牽引式よりも少ないが、プロペラ後流を主翼に当てられないためエンジン出力を上げて揚力を増加する操作ができない<ref name=mu2>[https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsass1953/13/143/13_143_396/_pdf 三菱双発ター坊多用途機 MU-2]</ref>。[[MU-2]]では開発当初推進式プロペラが検討されたが、MU-2の機体サイズでは価格や重量面でメリットが少ないと判断され、牽引式が採用された<ref name=mu2 />。
 
運動性能が良好なことは、僅かな操作にも反応するなど安定性が失われやすく、慣れない者には操縦しにくくなる。
File:Technoflug Piccolo HB-2130 engine1.jpg|プロペラのみを上部にオフセットした[[:en:Technoflug Piccolo|Technoflug Piccolo]]
File:I-FENI-P166-RIAT-3301.JPG|エンジンポッドを[[ガル翼]]の高い部分に設置した[[:en:Piaggio P.166|Piaggio P.166]]
File:Lake LA-4-250 Seawolf N59CA 03.JPG|エンジンをマスト上に設置した[[:en:Lake Renegade|Lake Renegade]]
File:DSC 5985 (8734437003).jpg|機体後部を上に向けたジャイロフルーク SC 01
</gallery>
7,430

回編集