「利用者:S-alfeyev/sandbox」の版間の差分

 
==採用機種==
小型機から大型機まで開発されたが、プロペラ機の主流とはならなかった。
小型機から大型機まで存在するが、[[セスナ]]や[[シーラス]]などの主要なメーカーでは採用されていない。[[MU-2]]では開発当初推進式プロペラが検討されたが、コストや重量面でメリットが少ないと判断され、牽引式が採用された<ref name=mu2 />。
 
単発の小型機としては[[セスナ]]、[[パイパー]]、[[ビーチクラフト]]、[[シーラス]]などの主要なメーカーでは採用されていない。[[ホームビルト機]]として
 
[[モーターグライダー]]の
 
騒音が少ないため旅客機に向いているとされ、[[ピアッジョ P.180 アヴァンティ]]、[[ビーチクラフト スターシップ]]、[[:en:Embraer/FMA CBA 123 Vector|CBA 123]]、[[:en:LearAvia Lear Fan|LearAvia Lear Fan]]など[[ターボプロップエンジン]]を採用した[[ビジネス機]]が登場したが、1970年代には比較的小型ながらターボプロップより高出力で周囲への騒音が低い[[ターボジェットエンジン]]([[ハネウェル TFE731|TFE731]]や[[ゼネラル・エレクトリック J85|J85]]など)が登場し、ビジネス機もジェット化が進んだため、プロペラ機自体が低調となり商業的には成功しなかった。[[MU-2]]では開発当初推進式プロペラが検討されたが、コストや重量面でメリットが少ないと判断され、牽引式が採用された<ref name=mu2 />。
単発機でのプロペラ配置は、機体後端([[ルータン ロング・イージー]])と機体上部([[リパブリック RC-3 シービー]]、[[SIAI-マルケッティ FN.333]]、{{仮リンク|コロニアル スキマー|en|Colonial Skimmer}}、{{仮リンク|グッドイヤー ダック|en|Goodyear Duck}}、[[:en:ICON A5|ICON A5]])がある。機体上部に設置する場合、FN.333のように垂直尾翼をプロペラの後部からずらした設計もある。
 
単発機でのプロペラ配置は、機体後端([[ルータン ロング・イージー]])と機体上部([[リパブリック RC-3 シービー]]、[[SIAI-マルケッティ FN.333]]、{{仮リンク|コロニアル スキマー|en|Colonial Skimmer}}、{{仮リンク|グッドイヤー ダック|en|Goodyear Duck}}、[[:en:ICON A5|ICON A5]])がある。機体上部に設置する場合、FN.333のように垂直尾翼をプロペラの後部からずらした設計もある。
 
[[YB-35 (航空機)]]
7,430

回編集