「東京ラーメン」の版間の差分

『実用家庭支那料理法』と赤堀料理学園について加筆。
m編集の要約なし
タグ: 2017年版ソースエディター
(『実用家庭支那料理法』と赤堀料理学園について加筆。)
タグ: 2017年版ソースエディター
 
== 来歴 ==
[[1910年]]([[明治]]43年)当時[[流行]]の発信基地で[[繁華街]]であった[[浅草]]の「[[来々軒]]」が[[草分け]]だとされる事が多い<ref name="rahaku" />。また、現在のラーメンの基本を作り上げ、醤油ラーメンの発祥となり、[[チャーシュー]](叉焼)と[[メンマ]](支那竹)を初めて載せたともされている<ref name="yougo" /><ref name="katei">ただし、浅草『来々軒』創業前の、[[1909年]]([[明治]]42年)[[3月25日]]に発行された『[http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/849128 日本の家庭に応用したる支那料理法]』〔著者:柴田波三郎([[女子美術大学|女子美術学校]][[講師 (教育)|講師]]・[[かえつ有明中学校・高等学校|日本女子商業学校]]講師)、津川千代子([[成女学園中学校・成女高等学校|成女高等女学校]]講師) 序文:[[石黒忠悳]]、[[山根正次]]、[[嘉悦孝]] 出版者:日本家庭研究會〕には既に、材料に「[[醤油]]・[[塩]]・[[コショウ]]・[[中華麺|卵子饂飩]]・[[鶏肉]]・[[スープ]]・[[シイタケ]]・[[タケノコ]]・[[ホウレンソウ]]」を使った「[http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/849128/50 鶏糸麺(鶏うどん)]」のように、醤油を用いたラーメンの調理法が掲載されている。(「国立国会図書館デジタルコレクション」 2018年9月12日閲覧。)</ref><ref>[[1907年]](明治40年)に中華料理の教授を始めていた[http://www.cook.co.jp/about_akahori/history.html 赤堀料理教場](赤堀割烹教場、赤堀料理学園)の[[奥村繁次郎]]講師が記した『[http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/849046 実用家庭支那料理法]』([[1912年]](明治45年)[[2月11日]]発行 校閲者:[[割烹]]大家・赤堀峯吉 発行者:林甲子太郎 印刷者:中村宗作 発行所:盛林堂)には、「[http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/849046/56 叉焼肉(チャーシウユー)]」(材料:豚ロース、醤油、タケノコ、ネギ、古根[[ショウガ]]、スープ)や「[http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/849046/76 醤油(ヂャンユー)]」(材料:豚肉、醤油、[[飲料水|水]]、古根ショウガ)のような、チャーシューやメンマに類似した料理の調理法が紹介されている。(リンク先:赤堀料理学園「赤堀料理学園のあゆみ」、国立国会図書館デジタルコレクション 2018年9月14日閲覧。)</ref>。
 
繊細な味を守り続ける店も多く、新規店でもこの東京ラーメンを追い求める店もある。ご当地ラーメンブームの中で強い脂や辛さを押し出す新種のラーメンとは対をなし、ブームを追いかけることなくラーメンの定番として昔からその人気は不変である。
291

回編集