「趙麟徹」の版間の差分

lk調整
m (→‎人物: typo (うなじ) → (ページ))
(lk調整)
{{MedalCountry|{{ROK}}}}
{{MedalSport|男子 [[柔道]]}}
{{MedalCompetition|[[オリンピック柔道競技|オリンピック]]}}
{{MedalSilver|[[2000年シドニーオリンピックにおける柔道競技|2000 シドニー]] |81kg級}}
{{MedalBronze|[[1996年アトランタオリンピックにおける柔道競技|1996 アトランタ]] |78kg級}}
{{MedalCompetition|[[世界柔道選手権大会|世界柔道選手権]]}}
{{MedalGold|[[1997年世界柔道選手権大会|1997 パリ]] |78kg級}}
{{MedalBottom}}
 
'''趙 麟徹'''(チョ・インチョル、{{Lang-ko-short|조 인철}}、{{Lang-en-short|Cho In-Chul}}、[[1976年]][[3月4日]] - )は[[大韓民国|韓国]]出身の[[柔道]]選手。階級は81kg級。身長180cm<ref name="Biography">[http://www.sports-reference.com/olympics/athletes/jo/jo-in-cheol-1.html Jo In-Cheol Biography and Olympic Results]</ref><ref name="alljudo">[http://www.alljudo.net/judoka-83-cho-in-chul.html listes des judokas]</ref>。
 
==人物==
1995年に福岡で開催された[[ユニバーシアード柔道競技|ユニバーシアード]]決勝ではポイントの取り合いの末に[[窪田和則]]に[[裏投]]で敗れたが、その際に礼をせず、相手との握手も拒否してそそくさと畳から立ち去った<ref>「1995年ユニバーシード福岡大会柔道競技」[[近代柔道]] [[ベースボールマガジン社]]、1995年10月号、6頁</ref>。[[1996年の[[アトランタオリンピック]]では[[ユン・ドンシク|尹東植]]を押しのけて代表となるが、準決勝で[[古賀稔彦]]に警告と[[巴投]]で有効を取られて敗れた<ref name="Biography" />。この試合では寝技の攻防の際に古賀の手に噛み付いたという<ref>「独占ロングインタビュー 古賀稔彦」[[近代柔道]] [[ベースボールマガジン社]]、1996年11月号、6頁</ref>。この時もまともに礼をせず、さらに相手と握手もせずに畳から立ち去る態度を取った<ref>「第26回オリンピックアトランタ大会柔道競技」[[近代柔道]] [[ベースボールマガジン社]]、1996年9月号、9頁</ref>。1997年の[[1997年世界柔道選手権大会|世界選手権]]では決勝でフランスの[[ジャメル・ブーラ]]を技有りで破って優勝した<ref name="alljudo" />。1999年の[[1999年世界柔道選手権大会|世界選手権]]では3位に終わった<ref name="alljudo" />。[[2000年の[[シドニーオリンピック]]では決勝で[[瀧本誠]]に[[袖釣込腰]]で有効を取られて敗れたが、この際にはきちんと礼をして相手との握手に応じた。また、表彰式では優勝した瀧本に対して拍手も送った<ref>「独占ロングインタビュー 古賀稔彦」[[近代柔道]] [[ベースボールマガジン社]]、2000年11月号、27頁</ref>。2001年の[[2001年世界柔道選手権大会|世界選手権]]では、決勝でエストニアの[[アレクセイ・ブドリン]]を[[掬投]]で破って2度目の優勝を果たした<ref name="alljudo" />。
 
引退後は[[心理学|スポーツ心理学]]で博士号を取得して、現在は[[龍仁大学校]]の教授を務めている<ref name="wowkorea">[http://www.wowkorea.jp/news/korea/2016/0325/10163235.html ”不正疑惑”の韓国男子柔道チョ・インチョル監督、「嫌疑なし」で復帰へ]</ref>。
*1995年 - [[アジア柔道選手権大会|アジア選手権]] 2位
*[[1996年]] - [[グランドスラム・パリ|フランス国際]] 3位
*1996年 - [[1996年アトランタオリンピック|アトランタオリンピック]] 3位
*1996年 - アジア選手権 2位
*1996年 - [[世界学生柔道選手権大会|世界学生]] 優勝
*[[1998年]] - [[アジア競技大会柔道競技|アジア大会]] 優勝
*[[1999年]] - [[1999年世界柔道選手権大会|世界選手権]] 3位
*[[2000年]] - [[2000年シドニーオリンピック|シドニーオリンピック]] 2位
*[[2001年]] - フランス国際 2位
*2001年 - [[東アジア競技大会柔道競技|東アジア大会]] 優勝