「ジャガー (自動車)」の版間の差分

m
→‎現在: cleanup
m (→‎現在: cleanup)
m (→‎現在: cleanup)
2000年代後半、フォードグループは深刻な経営不振により、PAGに属するブランドを売却せざるを得ない状況に陥った。[[2008年]][[3月26日]]、ジャガーはランドローバーと共に[[インド]]の[[タタ・モーターズ]]に約23億ドルで売却された<ref>[http://www.webcg.net/WEBCG/news/n0000018541.html フォードがジャガーとローバーをタタ自動車に売却]</ref>。
 
ジャガーは、フォードからタタ・モーターズに売却された後も、フォードからダウンサイジングターボエンジンである「エコブースト」の供給を受けていたが、[[2014年]]より、ジャガーが自社で設計・開発・製造したクリーンディーゼルエンジンである「INGENIUM(インジニウム)」に順次切り替えた。
 
1970年代から2000年代にかけイギリスの自動車メーカーの多くが市場淘汰され、ジャガーと同じく国営企業であるブリティッシュ・レイランドの一部門となっていた「[[オースティン]]」、「[[モーリス]]」、「[[ローバー]]」、「[[トライアンフ]]」、「[[MG]]」等のイギリスの自動車ブランドの多くが消滅したが、ジャガーは、インド資本となったものの、高級車・スポーツカーブランドとして存続している例外的存在である。
143

回編集