「ジャンヌ・ダルク列聖」の版間の差分

m
編集の要約なし
(解消済み仮リンク クォータリー・レビュー の内部リンク化 ほか)
m
 
== 概要 ==
[[1431年]]、ジャンヌ・ダルクは[[イングランド王国|イングランド]]支持の聖職者により[[ジャンヌ・ダルク処刑裁判|裁判]]にかけられ、[[異端]]として火刑に処されたが、死後の再審により[[1456年]]に[[ジャンヌ・ダルク復権裁判|復権]]。[[1869年]]に、[[フランス]]の[[オルレアン]]の司教{{仮リンク|フェリックス・デュパンルー|en|Félix Dupanloup}}がジャンヌの列聖を申請した{{sfn|ペルヌー|2016|p=121}}。[[1909年]][[4月18日]]にローマ教皇[[ピウス10世 (ローマ教皇)|ピウス10世]]により[[列福]]。その後、1920年5月16日に教皇ベネディクトゥス15世により列聖される<ref>[http://www.newadvent.org/cathen/08409c.htm St. Joan of Arc Catholic Encyclopedia]</ref>。そして、フランスのカトリック教徒とフランスのためにイングランドと戦うことを神によって命じられたという話に触発された兵士たちの守護聖人となる。多くのフランス政権はジャンヌの崇敬を奨励し、[[フランス第三共和]]は[[1905年]]の政教分離の前に列聖嘆願書に賛成していた。
 
== 聖人への経路 ==
3つの奇跡の教令は1908年12月13日に発表され、5日後、1909年1月24日にローマ教皇庁によって正式に列福の教令が読み上げられた<ref>[https://books.google.com/books?id=wZ46AQAAMAAJ&pg=PA743&lpg=PA743&dq=%22Congregation+of+Rites%22+%22joan+of+arc%22+1903&source=bl&ots=fiKxPzwoUx&sig=P__eyw43xHniKLOYAquZWhF_t0c&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwjMxuW8g_PSAhUTwGMKHRfKC_EQ6AEIITAC#v=onepage&q=%22Congregation%20of%20Rites%22%20%22joan%20of%20arc%22%201903&f=false "The Blessed Joan of Arc"] by Bishop [[Thomas James Conaty]] ''The West Coast Magazine'' Vol. 7; No. 6. (March 1910), pps. 737-745 [[Google Books]] 25 March 2017</ref><ref>[https://news.google.com/newspapers?nid=1946&dat=19081219&id=oLs0AAAAIBAJ&sjid=7YQFAAAAIBAJ&pg=4245,4654033 "Blessed Joan of Arc. Reading of the Decree of the French Heroine"] ''[[Montreal Gazette]]'' (19 December 1908), p. 14 [[Google News Archive]] 3 August 2016</ref>。
 
列福式は1909年4月18日に行われ、セバスティアーノ・マルティネッリ枢機卿とマリアーノ・ランポッラガが主宰した。スタニスラス・トゥシェ司教が[[ミサ]]を執り行った。枢機卿セラフィーノ・ヴァンヌテッリ、 ピエール・アンドリュー、ルイス・ルソン、コージェ、ジローラモ・マリア・ゴッティ、ホセ・カラザック・ヴィーヴ・イ・トゥト、当時の高位聖職者の ラファエル・メリー・デル・ヴァル<ref>[https://books.google.com/books?id=855FAQAAMAAJ&pg=PA549&dq=%22joan+of+arc%22+%22knights+of+malta%22&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwjB0buN8ebMAhUIw4MKHZfiAvMQ6AEIFDAA#v=onepage&q=%22joan%20of%20arc%22%20%22knights%20of%20malta%22&f=false "The Spectator"] ''[[The Outlook (New York)|The Outlook]]'' (3 July 1909) Vol. 92, pps. 548-550 [[Google Books]] 19 May 2016</ref>、ジョン・パトリック・ファレル司教、トーマス・ケネディ司教、高位聖職者のロバート・セトン、マルタ騎士団のトリブヌスの一員である伯爵ジュリオ・ポーロ-ランバンテンギ (ルイージ・ポーロ・ランバンテムの孫)、公爵アレンソンと[[エマニュエル・ドルレアン|ヴァンドーム公]]、当時の大司教であるウィリアム・ヘンリー・オコネル<ref>[https://news.google.com/newspapers?nid=gKLIUvgTho8C&dat=19090419&printsec=frontpage&hl=en "Pilgrims Honor Maid of Orleans"] ''[[Cape Girardeau, Missouri|The Daily Republican]]'' (19 April 1909), p. 2 [[Google News Archive]] 24 February 2017</ref>、そして、[[ヘンリー・フィッツアラン=ハワード (第15代ノーフォーク公)|ノーフォーク公]]<ref>[http://trove.nla.gov.au/newspaper/article/58274530 "The Beatification of Joan of Arc" ''[[The Age]]'' (20 April 1909)] via ''The Kilmore Free Press'' (24 June 1909) p. 1 [[Trove]] 24 February 2017</ref>が出席した。その式典が正統王朝主義者によってフランス第三共和を攻撃するために使われることはないと決定したピウス10世は<ref>[https://books.google.com/books?id=-TMiAQAAIAAJ&pg=PA601&lpg=PA601&dq=beatification+Joan+of+Arc&source=bl&ots=CQBQBar6tF&sig=Ep8Ae4r8W-T6mFsIV9mRQHsHWRE&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwial-XSsNDUAhUB32MKHeICDXg4HhDoAQhCMAY#v=onepage&q=beatification%20Joan%20of%20Arc&f=false "The Beatification of Joan of Arc"] ''[[Current Literature]]'' vol. XLVI no. 6 (June 1909) pps. 601-603 [[Google Books]] 21 June 2017</ref>、午後に70人のフランスの高位聖職者の側で聖遺物を崇敬した<ref>[https://news.google.com/newspapers?nid=Fr8DH2VBP9sC&dat=19090419&printsec=frontpage&hl=en "The Maid of Orleans: Joan of Arc Beatified and The Pope Venerates the Relics"] ''[[Montreal Gazette]]'' (19 April 1909), p. 4 [[Google News Archive]] 18 October 2016</ref>。
[[File:Jeandarc-03can 1920-praying.jpg|thumb|ジャンヌ・ダルク列聖式(1920年5月16日)]]
ジャンヌの列福は、フランスの鋳造された硬貨と記念メダイの作成を容易にするジャンフィア転写彫刻機(ダイ彫刻パンタグラフとも呼ばれる)の発明とほぼ一致した。この発明は、既に確立されたフランスの彫刻の伝統とともに、ジャンヌの列福に新たな要素を追加した。ジャンヌの人生からの場面を主としたセットのよく作られた宗教芸術のメダイである。
281

回編集