メインメニューを開く

差分

→‎教育: 出典がなく、大言壮語ぎみ。
 
=== 教育 ===
{{出典の明記|date=2018年9月|section=1}}
* 乳幼児から成人まで幅広い教育施策に取り組んでいる。特に学校教育においては、村営塾の開設や村単独で外国語教師を設置するなど「教育の村」として県内外や韓国など海外からの視察が多い。
* 村単独で高校以降の学業に対する無利子の奨学金制度を創設しており手厚い人材育成を行っている。
* 2008年、当時の寺田典城秋田県知事が「秋田県は学力テストで日本トップクラス。中でも東成瀬村が県内で一番」とメディアに成績を公表した。これが東成瀬村が「学力日本一の村」と喧伝される根拠になった。
* 村の児童1人に対して、組まれている図書費予算は約6000円。全国学校図書館協議会の「15年度学校図書館調査」によれば、児童1人当たりの図書購入費は全国平均1395円。
* 東成瀬村の児童生徒の7割以上は、祖父母と暮らす三世代同居世帯である。そのため、授業参観の出席率は120%120%にもなる。
 
====小学校====
1,714

回編集