「取」の版間の差分

ノートでの提案に基づきテンプレートを除去。出典無効の指摘。
(en:Upādāna&oldid=851983998 から)
(ノートでの提案に基づきテンプレートを除去。出典無効の指摘。)
== 仏教において ==
=== 執着の種類 ===
{{パーリ経典によるサマナ}}
[[経蔵 (パーリ)|経蔵]]においては<ref>Examples of references to ''upādanā'' in the Sutta Pitaka can be found in the "Culasihanada Sutta" ("Shorter Discourse on the Lion's Roar", [[Majjhima Nikaya|MN]] 11) (see Nanamoli & Bodhi, 2001, p. 161) and the "Nidanasamyutta" ("Connected Discourses on Causation", [[Samyutta Nikaya|SN]] 12) (see Bodhi, 2000b, p. 535).</ref>、釈迦は4つの執着を示している。
 
#'''見取''': たとえば永遠論(世界と自分は永遠である)や[[虚無主義]]<ref>It is worth noting that, in reference to "wrong view" (Pali: ''miccha ditthi'') as used in various suttas in the [[Anguttara Nikaya]]'s first chapter, Bodhi (2005), p. 437, ''n''. 10, states that wrong views "deny the foundations of morality, especially those views that reject a principal of moral causation or the efficacy of volitional effort."といった[[ディッティ]]</ref>。[[六師外道]]も参照。
#'''戒禁取''': テキスト通りの修行だけを行えば、ストレートに解脱できると信じている。例えば「牛の練習」や「犬の修行」など<ref>See, for instance, Buddhaghosa (1999), p. 587. For a reference to these particular ascetic practices in the [[Sutta Pitaka]], see [[Majjhima Nikaya|MN]] 57, ''Kukkuravatika Sutta'' ("The Dog-Duty Ascetic," translated in: Nanamoli & Khantipalo, 1993; and, Nanamoli & Bodhi, 2001, pp. 493-97).</ref>。
#'''我語取''': 自己を不変の主体であると識別している。たとえば[[中部 (パーリ)|中部]] 44<ref>[http://www.accesstoinsight.org/tipitaka/mn/mn.044.than.html Thanissaro (1998a).]</ref>や、[[五蘊]]、[[無我]]などで語られる。<ref>ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。--[[方丈記]]{{出典無効|date=2018-09-18|title=方丈記は一次資料なので、我語取や五蘊や無我などの解説をするための出典としては使えません(WP:PSTS参照)。}}</ref>
 
[[ブッダゴーサ]]によれば<ref>Buddhaghosa (1999), pp. 586-7.</ref>、この四取は上から挙げた順番に減少していくという。
{{節stub}}
 
==脚注・出典==
{{Reflist}}
 
*[[十二因縁]]
*[[デタッチメント]]
* [[パクダ・カッチャーヤナ]] - 六師外道の一人
 
{{デフォルトソート:しゆ}}
12,280

回編集