「ワクチン」の版間の差分

[[File:DT-vaccine.jpg|thumb|ジフテリア・破傷風混合ワクチン (DTワクチン)]]
[[File:Bimmuge-Hepatitis B Vaccines.jpg|thumb|B型肝炎ワクチン ビームゲン]]
{{Main|不活化ワクチン}}
死菌ワクチンとも呼ばれる。狭義の不活化ワクチンは化学処理などにより死んだ[[ウイルス]]、[[細菌]]、[[リケッチア]]を使用。取り扱いや効果において同様である[[抗原]]部分のみを培養したものを含めて不活化ワクチンと称されることもあり、以下その定義に含められるものを挙げる。生ワクチンより[[副反応]]が少ないが、[[液性免疫]]しか獲得できずその分免疫の続く期間が短いことがあり、このため複数回接種が必要なものが多い(代表例は三種混合ワクチンやインフルエンザワクチン)。
 
 
また、[[インフルエンザワクチン]]については、[[1971年]]以前の全粒子ワクチン使用による副反応(死亡あるいは脳に重篤な障害を残す)危険性が大きかったことや、それとは異なる現行の安全性の高いワクチンでも100%発症を抑えることはできないことから、接種を避けるべきとの意見も依然として存在する。しかしながら、ハイリスク群(高齢者や慢性疾患を持つ人など)の人が[[インフルエンザ]]に罹患した場合に、肺炎等の重篤な合併症の出現や、入院、死亡などの危険性を軽減する効果が世界的にも広く認められている。これが、国連の[[世界保健機関]](WHO)や世界各国が、特にハイリスク群に対するインフルエンザワクチン接種を積極的に薦めている理由である<ref>[http://www.nih.go.jp/niid/topics/influenza01.html インフルエンザワクチンについて](国立感染症研究所)</ref>。
 
* [[インフルエンザワクチン]]
* [[肺炎球菌ワクチン]]