「地図帳」の版間の差分

+{{出典の明記}}
(加筆)
(+{{出典の明記}})
{{出典の明記|date=2018年9月}}
'''地図帳'''(ちずちょう)とは、多くの[[地図]]を集め、一巻あるいは何巻かまとまった形で製本されたものをいう。'''地図集'''、'''アトラス'''(atlas)<ref>{{Cite web |url = http://gentosha-go.com/articles/-/10188 |title = 日本の地図帳普及に尽力した守屋荒美雄氏の功績 |publisher = 幻冬舎ゴールドオンライン |author = 伊藤智章 |date = 2017-07-05 |accessdate = 2018-03-25 }}</ref>などともいわれる。[[大航海時代]]の[[ヨーロッパ]]において爆発的に[[地理]]の知識が拡大したのに伴い、地図の発達と共に普及していったものである。現代でも、世界中で出版されており、主題別・地域別などに細分化されたものも多く見られる。また、分量も詳細に描かれ何巻ものシリーズになっている大型のものや、[[学校]]教育での教材として使われることなどを想定した中型のもの、利用者の使いやすさ重視して都市中心部などの特定の地域のみを描いた小型のものなど様々なものが登場している。