「ミスター・タンブリン・マン」の版間の差分

→‎解説: リンク修正
(→‎解説: リンク修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
==解説==
「ミスター・タンブリン・マン」とは、フォーク・シンガーでありセッション・ギタリストだったブルース・ラングホーン([[:en:Bruce Langhorne|Bruce Langhorne]])がモデルだという。ディランは、キャロリン・ヘスターとのレコーディングの際に彼と知り合った。彼が持っていたトルコの[[:en:Frame drum|Frame Drumフレームドラム]]の形が[[タンバリン|タンブリン]]に似ていたことから、彼のことを「ミスター・タンブリン・マン」と呼び、曲が生まれた(ブルース・ラングホーンが「タンブリン」を持った[http://www.brucelanghorne.com/Pix.html 写真])。この「タンブリン」は、ラングホーンが[[グリニッジ・ヴィレッジ]]で購入したもので、周りには小さなベルがついており「ジングル」サウンドを奏でる。この「タンブリン」は、現在[[:en:Experience Music Project|Experience Music Project]]のミュージアムに収蔵されている。
 
歌詞の内容については、マイケル・グレイ(『ディラン、風を歌う』三井徹訳、晶文社、1972年)の論じるところによると、詩神に霊感を与えてくれるように祈る歌であるという説や、ドラッグ・ソングであるという説などがあるが、この時期のディランの歌詞には、聴き手の体験に置き換えて自由に解釈できる象徴性があることも指摘されており、「ミスター・タンブリン・マン」はそのような性格を特によく示している。
匿名利用者