「ワリ」の版間の差分

→‎立地: 校正。展開の明瞭化
m (先頭2重コロンリンク機能停止対応 ( {{See also}} ) → m:Tech/News/2017/41/ja)
(→‎立地: 校正。展開の明瞭化)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 立地 ==
ワリの都は、現在の[[ペルー]]、[[アヤクーチョ県]]にあったといわれている。そのため、ワリ遺跡へ行く際は、[[アヤクーチョ]]市から観光ツアー出ている。またのでそれを利用するのも良いが、キヌア(''Quinua'')(村の名前)行きバスにのって遺跡の近くを通るため、行くことができる。近年、博物館も整備され、遺跡から出土した遺物を展示している。特にワリ文化の特徴利用可能である、杖を持って正面を向いた人物が描かれた大型の甕や、[[黒曜石]]製の[[石器]]類(ワリ以前の社会のものもある)が数多く展示されている。
近年博物館が整備され、遺跡から出土した遺物を展示している。そこの展示品は、ワリ文化に特徴的な、杖を持って正面を向いた人物が描かれた大型甕や、[[黒曜石]]製の[[石器]]類(ワリ以前の社会のものもある)が多い。また、遠く[[ペルー]]北部の[[カハマルカ]]県から運ばれたと思われる[[カハマルカ]]式の土器も展示されている。同時に、現[[ボリビア多民族国]]に中心があった[[ティワナク]]文化圏から運ばれたと思われる[[ティワナク]]様式土器も展示されている。
 
また、遠く[[ペルー]]北部の[[カハマルカ]]県から運ばれたと思われる[[カハマルカ]]式の土器も展示されている。同時に、現[[ボリビア多民族国]]に中心があった[[ティワナク]]文化圏から運ばれたと思われる[[ティワナク]]様式土器も展示されている。
 
== 歴史 ==
2

回編集